新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1452回目の日ごろの話題

地下鉄サリン事件から・・・

地下鉄サリン事件から今日3月20日で24年。25年経つと、風化していく気配がする。しかし、忘れてはいけない「平成の重大事件」で忘れてはならない事件である。今も被害にあった人がその後遺症にいる。だから、それを考えると無責任に、安易に言ってはいけないものだと思った。サリン事件で自分の中でそのようなことを思った。

追憶の2011年3月 (2011年3月31日のブログから)

この3月は、地下鉄サリン事件や地下鉄脱線事故で地下鉄の事故を思う月だった。また、青木繁没後100年も3月でいろいろ想う月になるはずだった。しかし、あの地震ですべて話題も情勢も地震一色になり、ほかの事を想う暇がないまま3月が終わろうとしてる。本当に長い長い3月になってしまった。また3月が来ようとあの地震の月は一生忘れないだろうと思う。これからもずっとそうだと思う。そんな気がしてならない。あの地震、自分の心の中に思うになってしまうだろう。そう思えてならない。

これからの3月(2012年3月31日のブログから)

今日で3月が終わる。しかし、これからも3月が来ようと特別な存在の月と思わないです。「3・11」を特別な日に仕立てるが、しかし、3月には、地下鉄サリン事件成田エクスプレス運行開始、武蔵小杉駅横須賀線開業といろんな3月があります。なので、これからも3月を特別な意義ある月にせず、いつも何も思わないで迎えていけるようにしたいです。3月に終わるにあたって、そう書きたいです。

侮ってはいけなかった

この前、職場で一緒に働いた20前後の青年。彼を私にすれば「松方弘樹に似てる」と思った人。その松方弘樹に似てる彼と一緒に仕事したが、自分の手際の悪さ、要領の悪さ、彼からの注意にすぐに動けない自分。それを思うと、彼を馬鹿にした自分が恥ずかしくなった。松方弘樹に似てる彼も仕事面ではちゃんとしてるということだ。だから、そんな彼を侮ってはいけないと思った。

「似ててね」

それを前にお世話になった人に「私、ある大学生に松方弘樹に似てると言ったの(例の彼のこと)」話したところ、「あなた、それはないでしょう」と言われた。そのとき「ハッと」気が付いた。松方弘樹とその彼は、60近くも年の離れた有名人である。そんな60も離れた俳優に似てるのは嬉しくないと思った。「時すでに遅し」って奴だ。そういうことを言っても後で取り返しのつかないことはあると思い知らされた。「思ったことを口にする」自分が失敗してのことであった。

ピエール瀧とその話題

ピエール瀧さん

ピエール瀧さんの逮捕。私は残念でいっぱいである。ピエール瀧さんを知ったのは、「ココリコミラクル」の時だった。猿みたいなぬいぐるみ(正しくは雪男)で声の役で登場。憎めなさがいっぱいだった。その後、2002年11月放送の「笑っていいとも」のテレフォンショックでピエール瀧さんが登場。それで改めて知ったが、記憶がある。ブレイクしてることを思ったのだ。それから、16年間近くピエール瀧は、マルチタレントとして活躍したが、幅広い活躍したピエール瀧は、憎めなさやこわもてだが、面白いという人であった。そんな面白い人だったピエール瀧さんの今回のニュースで残念でいる。「惜しい人」になってしまった。今の大河も誰が代役を立てるのか少し気になった。

何年か前のテレフォンショッキング

「笑っていいとも」をたまたま見たときのこと。ブレークしたばかりのおぎやはぎが「いいとも」テレフォンのゲストで登場した。次のお友達紹介の際、おぎやはぎは、ピエール瀧を紹介した。それは、2002年放送のことだと思った。今回、このブログを書く際に、調べたが、2002年11月放送にされた際の「いいとも」・「テレフォン」は、清水ミチコの紹介でピエール瀧は登場した。つまり自分の間違いであった。こういうこともあると思った次第である。

「城下町へ行こう」のピエール瀧

私は、「城下町へ行こう」という番組でのピエール瀧さん。面白かった記憶がある。ただ「面白かった」というと、そこまでだが、面白いのは、ピエール瀧が城下町に訪れて、その街を歩く。その街の魅力や風情など散策して、その街の人を出会う。城下町をピエール瀧の観点で見る。私の中でははまった番組の一つである。また、カレーパンマンの声を担当してる方がナレーションをしてた。そのナレーションを相まって面白さが倍増した。ピエール瀧と言うと、この番組のことが浮かんだのだ。

それにしても

今度のピエール瀧さんの逮捕。残念でいっぱいである。憎めない面白いキャラのピエール瀧さん。自然に好いちゃう人だったので、残念でいっぱいである。大河ドラマも代役を立てないといけない。撮影済みの大河も撮り直しをしないといけない。損失額もバカにならないと思った。だから、行いは日ごろから大事なのだ。

1450回目の日ごろの話題

この書き込みで気になるエセすすき

こんな書き込みがあった。

(あの男)の復帰が早すぎた!
業界甘過ぎ!!
何食わぬ顔でTwitter等に写真UPして・・・・・
顔見たくない(怒)

例の「とあるエロメン」のことについての掲示板での書き込みである。私も同感だと思う。あの唇を見ただけでも嫌な私であるが、彼自身に被害者の女性があるのに、その人の痛みも知らないで平気な顔で復帰する。そういうことをすると被害者の女性がどれだけ嫌な思いするか分からないものである。AV男優も素直な気持ちじゃないと生き残れないと思う。根が卑しい人はどこまでも突っ走っていくものなので、根が良くないといけないのではと思ったりした。

そんな彼は

(続き)そんな彼は、花村想太や有岡大貴に似てると言うが、私そう思わない。というか、AV男優の小田切ジュンに似てる印象があったので、「小田切ジュンなら似てる」と思った。また、エロメンのカリスマ・一徹。一徹氏ならそのとあるエロメンに雰囲気的にも似てるので、その程度しか見れないというのが結論だと思う。
f:id:hiromasa8124:20190310054731j:plain
そのとあるエロメンに似てるのは、子供っぽくしたようなそのAV男優の人。それか、

f:id:hiromasa8124:20190225103857j:plainf:id:hiromasa8124:20190225103814j:plainf:id:hiromasa8124:20190221120737j:plain
O君によく似てるので、O君を見ると、そのエロメンが浮かんでくる。やっぱりとあるエロメンの唇のせいでブサイクだったことや一徹氏に似てると言うだけで男優の人しか似てない。また、O君のような「爽やかなイケメンAV男優」と例レベルなことにさらに低レベルなことを思い浮かぶので、要するに「その程度」で終わりということだ。

O君に似てる人

f:id:hiromasa8124:20190218195936j:plainf:id:hiromasa8124:20190308235424j:plain
そういえばだが、O君を見ると、長谷川直輝に似てると思ったことがある。O君を初めて見たとき、「長谷川直輝に似てるなぁ」と思ったことがあるのだ。元男優、今、バーテンダーの人に似てるのは、どうかと思った。元男優に似てる「とあるエロメン」。最悪なペアだ。

エロメンの在り方・・・あれは事件だった?

f:id:hiromasa8124:20190309182020j:plain
長谷川直輝
今は、彼は元エロメンという肩書がついてしまったが、2016年末当時、エロメン候補生だった。長谷川直輝を含めて当時3人いた候補生。本当なら3人はエロメンとしてなるはずだった。彼らは、やがてモザイクデビューするはずだったのだ。一徹氏のエロメン卒業で2017年前後からSILK LABOは、一徹氏がエロメン卒業後、状況は変わり、逆境に立たされるはずだった。その3人もどうするかもあったはずだった。しかし、2017年初め、別のエロメンのモザイクデビュー。その3人を差し置いてまでモザイクデビューさせたのは、SILK LABOにおける重罪事件だった。大きな犯罪であった。その3人がエロメンの未来をすべて奪い取られた事件であった。なぜあのようなことをさせてしまったのか。また、その3人をどうするのか、3人をだましてまでそういうことをしたのか腹立つものがある。

エロメンの在り方・・・了見の問題

では、エロメンというのは、どういうことが大事かと言うと、了見が良くないといけない。根が良くないといけないのだ。いくらモデルで女性AVに興味があるからデビューしても心が汚れた人にはエロメンの資格がない。心が落ちた人にはエロメンの仕事してもダメなわけである。心が良くないとエロメンはできないと思うのだ。そのとあるエロメンもそうだったはず。だが、問題を起こすと、結果的に「おしまい」を意味する。本人が出直す気持ちがあれば、這い上がれるが、彼には、そういうものが見えてこず、反省の色がない。落ちたら落ちたで落ちて見ないと自分が分からないものだと思う。それは、いいが、モザイクデビューした別のエロメンの事件。これでおかしくなったかもしれない。「何かがおかしい」「不穏な空気が漂う」そういう状況だ。2017年ごろからあったと思うのだ。そこからおかしくなった。どこかでSILK LABOは、おかしくなったと思う。また、歯車が狂い始めたと思う。ますますおかしくなったのだ。あの業界には了見が良くないと生き残れないと危惧したい。

エロメンの在り方・・・この2人はどうなったか?

f:id:hiromasa8124:20190308194001j:plainf:id:hiromasa8124:20190308194014j:plain
左の夏目哉大がエロメンデビューしたのは、2017年4月。一徹氏エロメン卒業で大きく変わろうとした時期である。変わり者の夏目哉大はエロメンの状況が変わる中でのスタートだった。そして、右の東惣介は、2017年ごろからエロメンの仕事がなくなり、陰りが出たかもしれない。いわば、AV男優として危機に立たされたようなものである。そして、2018年にとっての東惣介は、いよいよエロメンの危機に立たされたようなものであるのだ。絶望だったのだ。もしかしたら、東惣介は、「これで終わり」と。
f:id:hiromasa8124:20190315225803j:plainf:id:hiromasa8124:20190315225825j:plainf:id:hiromasa8124:20190315225906j:plain
f:id:hiromasa8124:20190315230200j:plain
ところで、東惣介とほぼ同じ年のイケメンの人。元忍者の経歴を持つ彼がAV男優を始めたそうだ。彼がAV男優やっても厳しいはず。エロメンすらやっても厳しいはず。ブレイクしてほしくないものだ。名前は半造君。とあるエロメンより年上らしい。弄ばれてるようだ。

2017年の(夏の)日ごろの話題

2017年の(夏の)日ごろの話題

2019年3月11日
私は、2017年4月から5月にかけて書いたはてなダイアリーに書いたブログをはてなブログに転載した。転載して思ったが、自分のブログ。あのとき書いたブログは、偉そうなことを書き、自分がおごっていて、その傲りからブログの言葉にも出てしまったと思う。自分の思っていることはブログにも出てしまうもので言葉が汚く見えた。汚いことがいくつも出てしまったと我ながら思った。自分の心は本当に大事だと思った。

「ただ心こそ大切なれ」

とあるように「心」の一念によってどれだけ大切かであるということである。自分の心が汚れてしまうと文字に出てしまうので、「心」を磨くことが大事と思った。

失意にいた2017年夏

失業という大きいショック(か痛手)を受けた自分。2017年夏から秋にかけて、失意や再就職できるかの不安があり、気持ちが弱く、何もしたくない状態の自分がいた。心の安らぎはネットを見ること。ブログを書くことでブログを書いてるときは幸せだった。でも、あのとき書いたことはただの気分転換に書いたようなもので、気を紛らすために書いたと思う。心が弱く、もろくなるとみじめな自分が出てしまったと思ってならない。今、2017年の自分を冷静に振り返るとそういうことを思ったのだ。

2017年7月からの半年間(ここから2019年3月19日に記す)

重複になるが、失業した時の自分は仕事を失ったことで家に閉じこもってることが多く、何もしたくない状態だった。悶々とした状態だったため、やる気がなく、気力がなくなったと思う。この半年間で気分転換に出かけたことは全くないのだ。出かける気持ちもなかったのだ。就活にようやく本腰を入れたけど、理解してくれる人はなく、思うように進まなかった。そういう先行きが見えない中で2017年は暮れたのだ。

2018年正月からの半年間の自分

就職がいつできるか分からない中、2018年の正月はいつもより暗い正月になった。当時、無職だった自分。不安の中で正月を迎えたのだ。2017年夏から1年近く、お笑いライブに行かなかった時期があった。つまりブランクがあった。そんなお笑いライブの面白さ、楽しさをつかんだのが、就職する前の2018年夏のことだった。無職だった自分。つらかった自分だったが、1年ぶりにたくさんお笑いライブを見たとき、仕事を終わった後に行ったお笑いライブを見ることは最高の贅沢だと思った。そんな贅沢をまた味わえたので就職する前にお笑いライブに行ったのは、つらかった自分を忘れる機会になったので、就職前の楽しい思い出になった。考えて見るとつらいことや楽しい時も笑いで支えられたようなものである。だから、そういう支えが必要だったかもしれない。

1448回目の日ごろの話題

T君にに似てる人

最近だが、27歳になったばかりのT君に似てる男優を見つけた。それを見て、「おぉ、この子はいい」と思った。その「この子」は、年下で別のT君という子である。その別のT君を見て、「この子のT君にに似てるのでは」と思った。

f:id:hiromasa8124:20190202223320j:plainf:id:hiromasa8124:20190310054345j:plain
どうだろうか?
似てるようで似てないようでという感じでこの2人のペアは何とも言えない。別のT君、うぶでかわいいらしいが、でも、そんなに目立った活躍を男優ではしてない。ある意味ではかわいそうな子であったかもしれない。

f:id:hiromasa8124:20190310054311j:plainf:id:hiromasa8124:20190310054243j:plainf:id:hiromasa8124:20190310054255j:plain
f:id:hiromasa8124:20190310054228j:plainf:id:hiromasa8124:20190310054345j:plainf:id:hiromasa8124:20190310054332j:plain
そんな写真でカッコよく決めてる別のT君をエロメンで使ってもらえるか、厳しいところだ。問題は、それを送り出してる女性アダルト動画サイトである。そこはやり方が汚いから何をやっても汚いところである。

未来のエロメン

今年デビューするエロメン。いつデビューするかもしれないエロメンにエセすすきも気になっているところ。誰であるか気になるところ。そのエロメンは、SILK LABOでその青年をモザイクでかけてる。誰であるか気になるが、ひょっとしたら、女性アダルトサイトに出てるからエロメンになるのではと思った。だから、

f:id:hiromasa8124:20190310060155j:plainf:id:hiromasa8124:20190310060139j:plain
f:id:hiromasa8124:20190310060217j:plainf:id:hiromasa8124:20190310060235j:plainf:id:hiromasa8124:20190310060303j:plain
この人たちからエロメンになるのではと思った。今年デビューのエロメンは、大きくブレイクしてほしいものである。SILK LABOだけが、エロメンを育てる意思が出てるところだから、エロメンを育てるのもうまいところである。
f:id:hiromasa8124:20190310054731j:plain
だからって、例のT君にそっくりT君もエロメンにするのもどうかと思う。SILK LABOは毎年毎年、AV未経験のイケメンを多く発掘してるから、彼も厳しいものである。

アレク君

アレクがAV男優デビューする。アレクもモザイクシーンも出すことである。下半身のアソコを取られることである。男優の宿命であろう。恥ずかしいところも取られながら、自分も強くなっていくものであろう。それを嘆いたらいけない。温かい目で見ないといけないのだ。
f:id:hiromasa8124:20190226220031j:plain
そんな「アレクをエロメンに」なんてという甘い夢も思っても夢は夢として消えていくことであろう。「エロメンならなんとか」と思う自分がどこか浅はかでならないものだ。

コンビ解消後に思ったこと(ここから2019年3月19日に記す)

この前書いたハリガネロックのコンビ解消で思ったことを続きを書くが、ハリガネロックのコンビ解消のニュースを知ったとき、「あの2人はコンビをr続けるのは厳しい」と思っていた。でも、本当にコンビ解消のニュースを知ったとき、驚きや動揺はなかった。というより、コンビ解消したことで自分がハリガネロックが好きなあまり、好き過ぎた余り、フットボールアワーの面白さをライブでつかんだけど本当につかんでいないことに気が付いたことやカンニング竹山を「タレントとして頑張っている」に気が付けた自分。パンクブーブーの面白さなど他の芸人に対する見方が変わったと思う。他の芸人の実力を分かろうとしたと思うのだ。だから、ハリガネロックのコンビ解消で分かっていないことが少しずつ分かってきたような気がするのだ。芸人の見る目が変わったと思うのだ。

不器用な芸人

それで、私思うのだが、ハリガネロックの大上邦博は、イケメンであるけど、不器用な芸人だと思う。不器用で芸人として完璧にできない。ピュアな芸人だったかもしれない。どこかで大上邦博の好きだったのではと思ったのだ。芸人は不器用な人ほど成長しやすい。そういえばだが、パンクブーブー佐藤哲夫ウーマンラッシュアワー村本大輔は不器用な芸人に入ると思う。不器用だから余計惹かれるかもしれない。

f:id:hiromasa8124:20190218221020j:plainf:id:hiromasa8124:20190206075114j:plainf:id:hiromasa8124:20190206075104j:plain
おなじみのT君。T君に似てる元イケメンAV男優がいる。もし彼がAV男優として頑張っていれば24歳。そんな彼とT君は似てる。実は、T君は大上邦博に似てる気がするのだ。子どもみたいなT君と大上邦博ではイメージが沸きにくい。

1447回目の日ごろの話題

T君に似てる人

T君に似てる長身の元AV男優の写真。自分のブログに載せたが、すべて削除。□のところに✕がいくつかあったので、それを見ると汚く見えたので、削除して、T君と長身の元AV男優のところには別の写真を入れ替えた。T君に似てる元AV男優をブログに載せて、その写真を載せても悲しいと思った。

T君

ブログを書いて思うが、T君の話題はT君の話だけでいいと思う。元AV男優に似てる彼の話題を振っても相手にしてもらいないことや自分も書いても空しさが先に募るので、ブログを書く話題は慎重にしないといけないのだ。ただ、T君はとあるエロメンよりいつかはそのエロメンより先を超すときは来る。2019年期待の星のT君であるので、T君の活躍を期待したいものである。

T君のおヌード

ここでT君のおヌードでも載せて自己満足しよう。

f:id:hiromasa8124:20190205034726j:plainf:id:hiromasa8124:20190203030748j:plain
f:id:hiromasa8124:20190210012449j:plainf:id:hiromasa8124:20190210012434j:plain
f:id:hiromasa8124:20190205034857j:plain
→一番下のT君の後ろ姿の写真だが、衝撃の1枚であった。前にmessyで取り上げたT君に似てる男優のシャワーシーンの写真を見ても「衝撃」なものは何もなかった。やっぱり、T君のあのときの後ろ姿は衝撃だったかもしれない。
f:id:hiromasa8124:20190210012419j:plainf:id:hiromasa8124:20190205034914j:plain
→こんなイチャついてる2人の写真がある。相手役のおっぱいの写真よりT君が気になる。そんなT君がDVDでラブシーンに挑んだどんな出来栄えになるだろうか?
→そういうことを思った。T君は私の中の気になる存在の子である。

ところで

T君は、女性動画サイトに出てるT君に似てる気がするどうだろう

f:id:hiromasa8124:20190206075114j:plainf:id:hiromasa8124:20190310054345j:plain
→右端のT君、可愛すぎでうぶっぽい。どうしてもだ。

同じ話題を引っ張り出すエセすすき

どうでもいい1100回目

そっくりな2人(のボツネタ)

おそらく浦川泰幸長山藍子は似てるは、投稿しても相手にされないと思う。というか、自分でもどこが似てるのか浮かんでこないのでボツネタに近いものである。でも、竹内涼真がブレーク前、浦川泰幸竹内涼真は、似てるというペアがあった。この2人は似てるのはうなづけたが、これで「竹内涼真」を知るチャンスになった。
ところが、最近、検索したら竹内涼真は、高橋一生オダギリジョー山本耕史に似てるのペアがあった。、これが7割か8割も似てるので、そっちに「えぇ」と思った。自分も浮かんでこなかったものだ。おそらく相手にされないのが、「竹内涼真長山藍子のペアである。似てることが分からないということだ。ボツネタである。
というか、そっくりネットで「おぉ」と思ったが、「若尾文子長山藍子は似てると思う。雰囲気的にも似てるので自分でもうなづけた。しつこいが、結論、「竹内涼真長山藍子は、似てると思う人、誰もいないので相手にされない。投稿しないのが賢明ということである。
(2018年4月2日に「エセすすきの日ごろの話題」で書いたもの)

実はだが、長山藍子に似てるイケメン、まだいた。この2人はどうだろうか?

f:id:hiromasa8124:20190309000432j:plainf:id:hiromasa8124:20190309001519j:plain
岩永徹也長山藍子である。イメージが沸きにくい。
では、
f:id:hiromasa8124:20190308235424j:plainf:id:hiromasa8124:20190219072941j:plain
この2人ではどうだろうか?
こんな2人を上げたのは、
f:id:hiromasa8124:20190225103857j:plainf:id:hiromasa8124:20190308235424j:plain
O君は、東惣介の友人の長谷川直輝に似てるからである。長谷川直輝とO君に似てるの、私だけであろう。

当初は(2019年3月15日記す)

当初は、書く予定だった話題があったが、3月14日、そのまま更新したため、日を改めて書く。そのときに思ったことをちゃんと書く。なので、今回は、イケメンと長山藍子は似てるか似てないかの話題だけにする。