新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1450回目の日ごろの話題

この書き込みで気になるエセすすき

こんな書き込みがあった。

(あの男)の復帰が早すぎた!
業界甘過ぎ!!
何食わぬ顔でTwitter等に写真UPして・・・・・
顔見たくない(怒)

例の「とあるエロメン」のことについての掲示板での書き込みである。私も同感だと思う。あの唇を見ただけでも嫌な私であるが、彼自身に被害者の女性があるのに、その人の痛みも知らないで平気な顔で復帰する。そういうことをすると被害者の女性がどれだけ嫌な思いするか分からないものである。AV男優も素直な気持ちじゃないと生き残れないと思う。根が卑しい人はどこまでも突っ走っていくものなので、根が良くないといけないのではと思ったりした。

そんな彼は

(続き)そんな彼は、花村想太や有岡大貴に似てると言うが、私はそう思わない。というか、AV男優の小田切ジュンに似てる印象があったので、「小田切ジュンなら似てる」と思った。また、エロメンのカリスマ・一徹。一徹氏ならそのとあるエロメンに雰囲気的にも似てるので、その程度しか見れないというのが結論だと思う。
f:id:hiromasa8124:20190310054731j:plain
そのとあるエロメンに似てるのは、子供っぽくしたようなそのAV男優の人。それか、

f:id:hiromasa8124:20190225103857j:plainf:id:hiromasa8124:20190225103814j:plainf:id:hiromasa8124:20190221120737j:plain
O君によく似てるので、O君を見ると、そのエロメンが浮かんでくる。やっぱりとあるエロメンの唇のせいでブサイクだったことや一徹氏に似てると言うだけで男優の人しか似てない。また、O君のような「爽やかなイケメンAV男優」と例レベルなことにさらに低レベルなことを思い浮かぶので、要するに「その程度」で終わりということだ。

O君に似てる人

f:id:hiromasa8124:20190218195936j:plainf:id:hiromasa8124:20190308235424j:plain
そういえばだが、O君を見ると、長谷川直輝に似てると思ったことがある。O君を初めて見たとき、「長谷川直輝に似てるなぁ」と思ったことがあるのだ。元男優、今、バーテンダーの人に似てるのは、どうかと思った。元男優に似てる「とあるエロメン」。最悪なペアだ。

エロメンの在り方・・・あれは事件だった?

f:id:hiromasa8124:20190309182020j:plain
長谷川直輝
今は、彼は元エロメンという肩書がついてしまったが、2016年末当時、エロメン候補生だった。長谷川直輝を含めて当時3人いた候補生。本当なら3人はエロメンとしてなるはずだった。彼らは、やがてモザイクデビューするはずだったのだ。一徹氏のエロメン卒業で2017年前後からSILK LABOは、一徹氏がエロメン卒業後、状況は変わり、逆境に立たされるはずだった。その3人もどうするかもあったはずだった。しかし、2017年初め、別のエロメンのモザイクデビュー。その3人を差し置いてまでモザイクデビューさせたのは、SILK LABOにおける重罪事件だった。大きな犯罪であった。その3人がエロメンの未来をすべて奪い取られた事件であった。なぜあのようなことをさせてしまったのか。また、その3人をどうするのか、3人をだましてまでそういうことをしたのか腹立つものがある。

エロメンの在り方・・・了見の問題

では、エロメンというのは、どういうことが大事かと言うと、了見が良くないといけない。根が良くないといけないのだ。いくらモデルで女性AVに興味があるからデビューしても心が汚れた人にはエロメンの資格がない。心が落ちた人にはエロメンの仕事してもダメなわけである。心が良くないとエロメンはできないと思うのだ。そのとあるエロメンもそうだったはず。だが、問題を起こすと、結果的に「おしまい」を意味する。本人が出直す気持ちがあれば、這い上がれるが、彼には、そういうものが見えてこず、反省の色がない。落ちたら落ちたで落ちて見ないと自分が分からないものだと思う。それは、いいが、モザイクデビューした別のエロメンの事件。これでおかしくなったかもしれない。「何かがおかしい」「不穏な空気が漂う」そういう状況だ。2017年ごろからあったと思うのだ。そこからおかしくなった。どこかでSILK LABOは、おかしくなったと思う。また、歯車が狂い始めたと思う。ますますおかしくなったのだ。あの業界には了見が良くないと生き残れないと危惧したい。

エロメンの在り方・・・この2人はどうなったか?

f:id:hiromasa8124:20190308194001j:plainf:id:hiromasa8124:20190308194014j:plain
左の夏目哉大がエロメンデビューしたのは、2017年4月。一徹氏エロメン卒業で大きく変わろうとした時期である。変わり者の夏目哉大はエロメンの状況が変わる中でのスタートだった。そして、右の東惣介は、2017年ごろからエロメンの仕事がなくなり、陰りが出たかもしれない。いわば、AV男優として危機に立たされたようなものである。そして、2018年にとっての東惣介は、いよいよエロメンの危機に立たされたようなものであるのだ。絶望だったのだ。もしかしたら、東惣介は、「これで終わり」と。
f:id:hiromasa8124:20190315225803j:plainf:id:hiromasa8124:20190315225825j:plainf:id:hiromasa8124:20190315225906j:plain
f:id:hiromasa8124:20190315230200j:plain
ところで、東惣介とほぼ同じ年のイケメンの人。元忍者の経歴を持つ彼がAV男優を始めたそうだ。彼がAV男優やっても厳しいはず。エロメンすらやっても厳しいはず。ブレイクしてほしくないものだ。名前は半造君。とあるエロメンより年上らしい。弄ばれてるようだ。