新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

ANKENさんへの警告!

ANKENさんへの警告!

  • 私が書くのは、注意ではない。でも、あえて厳しく書きたいと思い、大げさに「警告」と書いた。
  • オンバトオンリー」だったANKENさん。スポーツ観戦を趣味に持つのはいい。でも、本当の笑い。吉本や落語といった大きい笑いを全く知らないANKENさんには、たぶん不幸なこと。「ヨシモト」という笑いの王道を全く知らない。大きい笑いを生で見ないのは不幸かもしれない。ANKENさんは、もっと笑いをたくさん見ることをしないといけない気がする。笑いをたくさん見れば、中身のよしあしはどんどん分かっていくと思う。笑いをたくさん見ることをこの際、勧めたいと思う。
  • 考えて見ると、ピンクおばさんと呼ばれるピンクの服着たお笑い好きのおばさんは、笑いをたくさん見て、いつも楽しそうに見てる。笑いを見る回数をたくさん見てるピンクおばさんは、自分も見習わないといけないと思う。「お笑いライブが大好き」でいっつもそれを行くのが楽しみのピンクおばさん。そのピンクおばさんを思うと、本当に素晴らしい方だと思う。果たしてANKENさんは、そのピンクおばさんみたいなことをANKENさんはできるかと思えば、「まだまだではないか」と思う。
  • ANKENさんをテレビで注目されたことはあまりなく、オンバト大ファンで陰で支えた功労者をメディアで紹介されなかったのでANKENさんはたぶん不幸だと思う。そして、これがきっかけで「お笑いをもっと好もう」という姿勢が足りないのでANKENさんは気の毒しかない。
  • 私の場合、オンバトサポーターでANKENさんに注意されっぱなしだった。また、住人に迷惑かけてしまった不肖の人間である。オンバトサポーターにあの言葉がなくなった今、「自分はみんなに迷惑かけたなぁ」とようやく気が付いた自分には、これから世の中で迷惑かけないように努力しないといけない。「ネットのルールは実は世の中にも当てはまる」とこれから自覚を持たないといけない。いや、持つべきなので、重々反省してる。でも、ANKENさんにも不覚はあるはず。その不覚は、「オンバトをきっかけにお笑いをもっと見よう」ということだ。ANKENさんにももっとその反省に気が付かないといけないのだ。天狗になってる気がするので、ANKENさんに厳しくただしたいのだ。
  • 私にはあれだけ注意されたANKENさん。注意することをしてないのでその意味では不幸だろう。そういう不幸を分からないといけないのでANKENさんは気の毒しかないのだ。注意された私が今度はブログでANKENさんに警告する。なんとお粗末なことである。