新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

エロメンの在り方

37歳で亡くなったヨースケ@HOME

ミュージシャン・ヨースケ@HOMEが37歳で亡くなった。私が38になったこともあり、私より1つ年下の人が亡くなると、残念でならない。ヨースケ@HOMEは、病気でこの世を去った。若き才能をこれからと思うと、ただただ残念でいっぱいだ。

エロメンのY君

最近、イケメンAV男優のY君。エロメンの活動がなく、SILK LABOの出演がないので、寂しい気持ちでいる。とあるエロメンが不祥事を起こしてから、エロメンの世界は大きく変わり、新人のエロメンが大きく活動できるチャンスになったと私は思っている。
本当ならY君は、エロメンとして大きく羽ばたくチャンスがあると思っている。そんなY君をエロメンとして育てていかないから「どうして」と思う。エロメンは今、T君を必死で売り出すためではなく、新人を育てていかないといけない。とあるエロメンがあの不祥事を起こして、状況は変わった。でも、とあるエロメンがエロメンとして使えなくなった今、未来のエロメンを育てていかないと人材はいなくなると思う。T君だけ「かわいいからもっと育てよう」と安直に思っても新人の芽が出ないことを意味すると思う。Y君をエロメンとして可愛がらないといけないと思う。とあるエロメンのことは、キッパリ忘れていかないといけないのだ。
エロメンのプロデューサーの牧野江里さんは、T君ばかりエコひいきしないでもっと新人の活動を与えるチャンスを作っていかないといけない。育てる努力をもっとちゃんとやらないといけないのだ。エコひいきが強いSILK LABO。とあるエロメンが人気でいたころあったかもしれない。

Y君の写真

f:id:hiromasa8124:20190623213049j:plainf:id:hiromasa8124:20190623213121j:plain
この写真を見て、一瞬、とあるエロメンのことが浮かんでしまった。そのエロメンを忘れたいので、ふっと思う自分がいた。Y君は、不器用なAV男優なのかな。

最近(エロメンの)O君情報

4ヵ月にO君。配信先行に出演した。O君が最近、エロメンの活動がないので、心配してたが、ちゃんと仕事してくれて嬉しかった。
声が高く、クールで憎めなさがたまらないO君。最近作のO君。女への嫉妬心を持つ悪い男を熱演した。悪い男を演じてもO君は、いつも笑顔がたまらないと好きになるので、O君の好き意識が強いかもしれない。

エロメンの在り方

f:id:hiromasa8124:20190620211956j:plainf:id:hiromasa8124:20190621192557j:plain
f:id:hiromasa8124:20190607210605j:plainf:id:hiromasa8124:20190609085143j:plain
(さっき書いた「Y君」のところで)「エコひいきが強いSILK LABO。とあるエロメンが人気でいたころあったかもしれない。」と書いたが、続き。
そのとあるエロメンの不祥事があって、エロメン業界は、この半年以上の間で大きく変わった。とあるエロメンがエロメンとして使えなくなった今、T君にとって絶好のチャンスをつかんだようなものである。(O君やT君は、そのとあるエロメンなきあとのエロメンである)
夏目哉大が「ポスト一徹」のような存在になってしまい、O君やT君は、とあるエロメンを追っていくような存在になった。状況が変われば変わるほど、その風は凄まじいものと思うのだ。状況は変わった。また、とあるエロメンが出演していた女性動画サイトも新人のイケメンAV男優のデビューで状況はさらに変わった。とあるエロメンが置かれる立場はなくなったようなものである。
とあるエロメンが「エロメン」という表記は使えなくなったので、実質的に卒業に近い形になってしまった。Y君は、とあるエロメンなきあとのエロメンのようなものだ。Y君には、エロメンというものにしっかりした目標がなく、本気で「イケメンAV男優をやっていこう」という意志がないと思うのだ。意志がないから、「こんなものでいいからやっていこう」という気持ちがY君の中にある。Y君には、惰性というのが強い。惰性では仕事はできないと思う。真剣さがないと仕事は成就できない。
それに、Y君、SILK LABOでやるから、とあるエロメンのことは気にせずやってもいいはず。とあるエロメンがいない時こそチャンスである。牧野江里さん、Y君を軽く見てるだろう。

エロメンの在り方(の続き)

f:id:hiromasa8124:20190514211338j:plainf:id:hiromasa8124:20190607210407j:plain
確かにSILK LABOのエロメンは、2017年ごろからエロメンに対するエコひいきが強くなり、「彼だけ特別扱いする」ような風潮が強くなった。強くなればなるほど「彼だけは特別扱いしていい」考えが芽生えて、エロメンそのものを大事にしない考えが大きくなった。2017年ごろからおかしくなった気がする。
T君だけかわいがっても新人を放っておいたら、エロメンの世界は育たないと思う。「人を育てられないSILK LABO」と揶揄されたら、それはそれでむなしいようなものだ。SILK LABOのエロメンというのは、大事な商品だから、その商品をどうやってきちんとするか考えないといけない。エロメンをエコひいきしたりしてる他のエロメンをどうでもよくしていくので、それはいけないことだと思う。
とあるエロメンがいない今、東惣介をエロメンとして注目させるチャンスはある。東惣介SILK LABOでDVD出演できるチャンスはある。そういうチャンスを生かさないといけない。「この人だけいい」では人は本当に育たないと思う。だから、SILK LABOには人を育てる。また、みんなを大事にする気持ちを持たないといけない。そういう精神が欠けたら、おしまいである。それを危惧したい。

最近のY君

f:id:hiromasa8124:20190625012441j:plain
エロメンのY君。この前、SILK LABOの撮影に出てないよね。嘘だと信じたい。