新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

エセすすきの言いたい放題 of 今年のanan

ananのこと

先週書いたブログ。ananのこと。不完全燃焼だったのでもう1回書く。そして、今日の話題も合わせて書く。

今年のananセックス特集

f:id:hiromasa8124:20190710222435j:plain
この前、職場で「SILK LABO」を話題を出したら、その職場の人からスマホで調べられて、「エッチなDVD」ということに私に「なんでこんなの、言うの」と怒られた。向こうはすごいイヤな顔された。
「エッチなDVD」の「SILK LABO」に自分は、大げさながら「いつまでも好きでいいのか」と悩みながら、考えている。その中で今年のananセックス特集を自分はどう思えばいいか考えている。
SILK LABOにとって夏ごろになると、メディアで取り上げる絶好のチャンスである。人気イケメンAV男優(エロメン)の紹介とともにファン層をさらに獲得するチャンスである。SILK LABOが一番の稼ぎ時で勝負時である。ここでチャンスを逃したら後がないと思う。
おそらくO君がananで官能グラビアをやると思う。エロメンの官能グラビアは見てる人を刺激させる記事である。エロメンにとって「うれしくない」ようなもので恥ずかしいようなもの。私の想像だがこれでエロメンの株を下げてしまうことになる。そういう人気株を下げるところにエロメンの実力も落ちると思う。O君の官能グラビア挑戦は不安なものだ。

エセすすきの思いたくないこと of anan

所属事務所の重大事項の契約解除された元エロメン。ananで1度も官能グラビアに挑戦してない。元エロメンは、作品でセックスに挑み続けて、絡みのうまさにファンを獲得した。元エロメンの彼は、群を抜いて優れたエロメンだった。
私の想像である「ananの官能グラビアをやったエロメンの人気は落ちる」とされて、それをやらないエロメンは、「実力は上がる」と思われた。だから、元エロメンは、私が思うところ、「作品でやるからには優等生だ」と思い込んでいた。例の不祥事でその考えは崩れてしまった。そうした思い込みを1度取るとその思い込みをすべて思い込んでしまう。そういう錯覚をした。そんなことを思った。その考えは瞑想のようなものだったと思う。

今のエロメン

f:id:hiromasa8124:20190607210223j:plain
元エロメンの例の一件は、SILK LABOにとって危機みたいなものだった。そういう危機を乗り切れたのは、牧野江里が今のエロメンが仕事できる状況を作ってくれた。そういう機転がうまかったと思う。また、牧野江里とエロメンとの絆が深かったのではと思う。
今のエロメンを見ると、「仲がいい人たちに見えない」「楽しい気持ちでやっている」と思う。それを引っ張る原動力は何か気になるものだ。ところでどうでもいいけど、今のエロメンは、Y君を「エロメンの仲間」と思っていない節がある。ただただ残念である。せっかくY君がエロメンになったから「新しい友人」としてどんどん今のエロメンと仕事するべきだ。「仲間外れはいけない」と思いたくなるのだ。

Y君

f:id:hiromasa8124:20190607210605j:plain
エロメンのY君を見てると、キングオブコメディ高橋健一に似てて、高橋健一を若返った顔に見えてならない。高橋健一に似てるような気がする。さらに、似てるなら要潤伊藤英明を子供っぽくしたような顔でどうしてもそう思う。Y君は要潤に似てるのだろう。要潤に似てる少年でしかない。
そんなY君、AV男優としてさらに活躍してほしい。