新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

オンバトサポーター・ANKENへの怒りの警告状

けうけげんへ告ぐ、サワダヒロタがオンバトサポーターでライブレポを投稿した過去

7月19日にオンバトサポーターのことを書いたが、「サワダヒロタ」として自分の思いをブログで書く。それもオンバトサポーターのライブレポで「寄席」のことを書いたことをさらに書く。
けうけげんがtwitterオンバトサポーターのライブレポを見るのが、好きというが、けうけげんが私がかつてオンバトサポーターのライブレポを投稿していたことを全く知らない。
オンバトサポーターにライブレポを書いたことがあるのは、事実である。ライブレポを投稿したが、病みつきになって、投稿した。私がオンバトサポーターでアク禁を犯したという罰があり、これが原因でオンバトサポーターの管理人・ANKENさんと縁を切る際に私のレポを全部、消去された。
私(サワダヒロタ)の存在をなかったようにするため、投稿者名のライブレポに「No.001」というふうにさせた。私のことを嫌っていたから、気に入られてなかったから、ああいうことして、私を邪魔者扱いさせようとした。
ANKENさんは私が大嫌いだったら、オンバトサポーターのライブレポもなかったようにさせた。肝心なのは、「アク禁」=「アクセス禁止」の利用者も実はお客さんの一つである。そのお客さんをお客さんとして見ていかないといけないのだ。ANKENさんには、そういう寛容の精神もなく、「悪いことした人間は相手にしない」という姿勢が強かった。そういう無視していく気持ちが強かった。そんなことさせて、私は非常にイヤだった。
私に冷遇され続けたANKENさん。「アク禁」の人ものけ者にしようとばかりしたANKENさん。嫌われたのは確かだが、ANKENさんが私を徹底的に嫌った。相手にしないで行くのは、ANKENさんはひどいことだと思う。そういう人も大事にしないのはどうかと思う。(明日もこの続き)

2004年のオンバトチャンピオン大会

2004年正月に放送されたオンバトチャンピオン大会の再放送。すべて見てないことが7月17日に気が付く。進行役はアンジャッシュ。また、その7月17日にオンバト公式ガイドブック第5巻でオンバトチャンピオン大会で自分たちの5年後を語った。その中にディベンディングチャンピオン。アンジャッシュの5年後ものことを書いてあったが、全く興味がなく、読まないことに気が付く。
2004年正月のオンバトチャンピオン大会。5回再放送されたが、私は、興味なかったと思う。「そんなに見たい」と思わなかったので、見なかった。

オンバトアンジャッシュ

オンバトに出たときのアンジャッシュ。テレビで見たことある。見たけど、今年7月17日になって、アンジャッシュのコントは、記憶に残ることはあまりなかった気がする。すれ違いコントの2人とはいえ、そのすれ違いがよく分からなかった気がした。
最近、Youtubeで2001年に放送されたアンジャッシュのコントを見たが、全然よく分からなかった。どういうことかさっぱり分からなかったので、記憶に残らなかった。そういえば、アンジャッシュ。「白黒アンジャッシュ」でおなじみだった。ブレイク後のアンジャッシュならインパクトはあった。

オンバトアンジャッシュ

オンバトに出たときのアンジャッシュ
記憶にないというのは悲しいことだが、たぶん興味がなかったということかもしれない。見たけど、興味がわくものが少なかったということだ。オンバトに出なくなってからのアンジャッシュは、凄まじい勢いだった。オンバトチャンピオン大会で優勝後、運よく「エンタの神様」で注目を集めたから、アンジャッシュのコントは、分かりやすさで受けたという感が否めない。