新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

Youtubeの中のオンバト

Youtubeの中のオンバト

昨日も書いたが、Youtudeで投稿されてるオンバト
私には、見ることに「拒否」してると思う。投稿されていけばいくほど、「自分は見たくない」という思いが強くなったと思う。自分で拒否続けているので、「反発」の心が強いと思う。「反発」は、自分であると思う。自分の中で「オンバトはもう見ない」と自分で気持ちを離れていこうとしているのだ。
自ら「オンバトは見ない」と離れようとしているのだ。

最近、聴いたが・・・

そんなYoutudeで聴いたのが大津美子の「かりそめの恋」だ。
三條町子が歌った「かりそめの恋」を大津美子が歌うのを聴いてダイナミックに歌い上げる「かりそめの恋」にしびれた。CDで大津美子の「かりそめの恋」を聴いたことがあるが、改めて聴くと、しびれるものがあった。

こうして書くが

Youtubeで懐メロを聴くが、歌手が歌った懐メロならまだはまるかもしれない。懐メロにますます興味を持つと思う。でも、「オンバト」となると、自分で興味を持たなくなるので、「もう興味がない」という状態になった気がする。結局、自分はYoutubeで聴く「懐メロ」なら興味あるということだ。