新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

まだ気になるエロメンの西島君

オンバトサポーターの彼女の投稿をうるさく書くエセすすき

オンバトサポーターでの彼女のレポは、簡潔に書きたかったのはある。でも、簡潔に書いてもそれが人の心に打つとは限らないと思った。嫌なところばかり書いていくと「この人はイヤなことしか書けないね」と思われるから、文章は大事だと思う。
彼女のレポの中でそのとき出た芸人と共に他の芸人を引き合いに出したことがあった。彼女は、その人たちを悪く書きたいのかイヤなところをつきたいのか不愉快だったのを覚えている。不愉快なことを書いたら、自分がむなしくなると思った。ANKENは、そういう「人が嫌がることを書いたら自分に返ってくる」ことを分かっていないので、彼女がそういうことをたくさんしてたことを気が付いていない。
そう書いているが、この9月頃から今度は、オンバトサポーターに初期に投稿した女性。愛知県在住の女性のことまで自分の中で間違った考えを自分で起こしていた。そのことに気が付く。なぜそう思ったのか、これは明日書くことにする。
とにかく、みなさんに書くことは、文章は人の心が出てしまうので気を付けること。

エロメン界のにしじ

f:id:hiromasa8124:20190829213035j:plainf:id:hiromasa8124:20190829213511j:plain
またも今日は、エロメンの西島君の話題。
エロメンの西島君。AV男優として早くも「エッチな俳優」として注目されようとしてる。「モデル系男子」と私がエロメンの西島君をそう称してもSILK LABOは「エッチなドラマ」であるため、エッチがメインの俳優は、結局、AVをやる前に前に「エッチ」という行為をしてる。だから、エロメンの西島君も必ず「エッチ」を済ませてると思う。
エロメンの西島君は、早くから「エッチなにおい」がある。エロメンをデビューした時、セクシーなボディを彼は、見せたと思う。だから、そういう空気やにおいは、どこかあったと思うのだ。そういう色気が強い青年と思った。
エロメンというのは、特殊な世界だから、どこか違うと思う。どこかほかの俳優と違うので、「変わった俳優」の世界と思う。必ず、エロメンは、劇中でハダカになる。そのハダカを見せる大人たちにとって何かしらの違うところはある。彼に限ったことではないが、みんなそうだった。「エロメン界のにしじ」も彼は、もう「変わった大人」をすでに発揮してるのだ。

そもそも、彼は・・・

f:id:hiromasa8124:20190809222207j:plain
そもそも「エロメンの西島君」は、この状態から「エロス」を出しまくったと思う。だから、そこで「変わった青年」をそこから発揮したかもしれない。彼は、「若いころの時任三郎」に見えた。

今のY君

最近のY君。twitterで近況報告もない。また、SILK LABOでも話題が上がってない。さみしい限り。「ないのは無事の知らせ」というが、「ないのが心配」だ。Y君は、AV男優をやっていきたいのか気になるものだ。前にY君の先輩のエロメン、twitterをやったけど、3ヶ月で更新が途絶えて、エロメンは半ば卒業状態になった。Y君もそうならないといい。Y君は、私の気になるエロメンです。