新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

パリオリンピックも中止の危機か?

パリオリンピックも中止の危機か?

Amebaブログで書いたが、パリオリンピック東京オリンピックの成功裏のようなもので東京オリンピック成功の次のステップのオリンピックでしかない。そうした目的やがらみが入っているので、きな臭いものがあった。
だが、2024年はコロナが完全克服のオリンピック大会の証ではなく、まだ、コロナが収まっていないような気がする。かの太平洋戦争も終結までおよそ4年はかかっている。戦争終結後のオリンピックも12年間の間があった。だから、ひょっとしたら、パリオリンピックも中止になるかもしれない。

パリオリンピックも中止ありき?

だぶんパリオリンピックも中止になると思う。東京オリンピックが中止ならばパリオリンピックも中止になるのでそういう予感はある。
21世紀になって「オリンピック離れ」が深刻になり、「オリンピック=成功」の目的がなくなったような気がする。いっそオリンピックそのものを廃止して、国際大会のスポーツを行うべきである。
21世紀になって、オリンピック以外のスポーツが盛り上がってきたので、「オリンピック以外も成功できる」ということを多くの国民に訴えるといいと思う。そうしたスポーツ復興をこれからするべきではないだろうか?

松井大阪市長の発言

www.nikkansports.com
これだってフェイクニュースのはすである。今年になって、東京五輪の発言に政治家の思惑から思いもよらぬ失言が続出してるということだ。信用したらいけないということです。

山根良顕」と「佐藤オリエ」似てる事件

やはりこの投稿した私が「佐藤オリエに似てるを山根に」「山根に似てる人を佐藤オリエに」というさらにペアを組み合わせをしたことでこれから思わぬ引き金を作り、やがて「そっくりネット」を荒らす行為になったかもしれないです。
これで両者のいじめや集団無視に似た形を取っていたので、私も私で非はありました。
そんなそっくりネット出禁の私も「そっくりネット」に最近投稿したが、今年は3月以降は投稿はしないです。出禁なのに図々しく投稿すると、管理人のロプロスさんも嫌がるので、今後投稿はしません。
1度決めた以上はその筋を通さないといけないので、「筋を通す」ことも大事です。

吉田正・生誕100年の2021年1月20日

吉田正・生誕100年

今日が吉田正生誕100年の2021年1月20日である。
吉田正は都会派歌謡など様々な楽曲を手掛けた。そのほとんどがジャズをテイストに多くの曲を手掛けた。私もついこの前まで吉田正のことを忘れていたので、今日は誕生日ということで思い出そうと思い、書きました。
吉田正の歌には潤いがあり、生きる喜びがある。そうした希望の歌が多いというわけです。

いずみたく・生誕91年

また、この1月20日いずみたくの誕生日。いずみたくは生きることの大切をメロディーに託した。中村八大の誕生日も1月20日で生誕90年の今日と、日本にはスバラシイ作曲家がいることを実感した。
「エール」で話題の古関裕而以外にも日本の作曲家はいるのでそういうことをバカにしたらいけないことを実感した。
1月20日は3人の作曲家のお誕生日の日だ。

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

というか、はたちになった時点で「大人になった」と感じたものです。
この日を迎えたとき、はたちを迎えたとき、最悪な中での誕生日を迎えた。「今まで十代は楽しかったのに」「二十代を迎えたときは一番嫌だった」と思いながらはたちを迎えたものです。
そして、二十代を悔いなく生きて、三十代を迎えたときは、「自分も三十代を迎えるのは当然だ」と思いながら迎えたので、そのときは「三十代はイヤだ」と思わなかったものです。

twitterの中の舛添要一・・・その2

twitterの中の舛添要一

11月25日、西村大臣は「勝負の3週間」と言ったが、3週間後は12月16日、敗北だった。すると、今度は12月22日に尾崎都医師会長が「真剣勝負の3週間」と言った。10日経ったが、今のところ敗北だ。次は、誰が「○○の3週間」と言うのか。言葉遊びより、実効性のある政策だろう。大臣や知事には権限がある。

と、あった。私もこれで振り回されたのか
「それならば、オリンピック中止の「勝負の7,8か月」をやりましょう」
「これで中止ならば自分の考えは正しかった」
と、言えるようにする。
「勝負」は半年かけないと「結果」は出ないと思う。ゆえに「オリンピックには哲学がないか」「社会が衰退させたか」考えないとこの先の「哲学は「新・人間革命の精神が必要」」ということを考えるきっかけを作らないといけない。
「哲学の復権」をこれから求めないといけない。だから、「人生哲学」の重要性を改めるきっかけをしないといけない。さて、創価学会は今の乱世を何が正しいかどうか考えないといけない。
さて、舛添要一は、「悪」か「善」か考えましょう。

twitterの中の舛添要一

菅首相の年頭記者会見:コロナは「厳しい状況」という認識。感染対策は飲食が主眼で時短、緊急事態宣言の検討に入る、特措法改正も。水際対策は、変異種に注意。医療体制は病床確保のため財政支援、自衛隊投入も。ワクチンは1月中に治験結果、2月下旬までに接種開始。国民に感染防止を要請(続く)。

菅首相記者会見(続き):携帯電話料金値下げなどの他の政策にも言及。コロナ対策については、首都圏への緊急事態宣言を検討というが、どこまで効果が上がるのか。経済への悪影響はどうするのか。特措法改正と言っても、18日まで国会は開かない。PCR検査の徹底、医療資源の最適配分などが必要である。

手厳しい意見だ。自公連立の2回目のしくじりかもしれない。自民党のブレーキを掛けるのが公明党の役目である。ブレーキが利かないということは自民党の暴走に歯止めがかからないということだ。
それから、失政を招いた政治家をたたき出すのが公明党の使命。それがないから公明党のマスコミから「自民党となれ合い」と思われるのではないか?
舛添要一twitter創価学会員はどこまで共感を持つのだろうか?

緊急宣言、東京五輪の開催判断に影響せず 加藤官房長官

時事通信の報道から

加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令は、夏の東京五輪パラリンピックの開催判断に影響しないとの認識を示した。

 加藤氏は東京大会を開く方針に変わりはないことを強調した上で、宣言について「現下の(首都圏)1都3県を中心とした新規感染者の発生状況を踏まえて判断している」と説明。ただ、開催の在り方に関しては「国内外の感染状況の影響も受ける」と指摘した。 

そうして達観視してるが、今度の緊急事態宣言はオリンピックにも波紋を呼びそうだ。政治家が「オリンピックをやる」ことは時間稼ぎでしかなかった。その稼ぎに稼いだ東京オリンピックも中止のほうに向かっている気がする。

東京オリンピック開催中止濃厚か?

this.kiji.is
要する中止が確実に帯びているということだ。

2021年1月17日のつぶやき

2021年1月17日のつぶやき

エセすすき、今、「東・上原・向・及川・林・ホシ」を「SILK LABO」の逸材の願掛けをしてます。彼らがさらなる活動を願いつつ、願掛けしてます。

2021年1月17日のつぶやき

その一方、西島伊吹は急にAVから姿を見なくなった。原因は才能だろうか?
才能がないと食べていけないともうのです。そして、彼の失敗で多くのエロメンを巣立つ側にとって何が必要か?
これは「根気」「根気」がないと最後は残らないものだ。それでは、明日もよろしく。

aoiro無期限の活動休止

aoiro無期限の活動休止

aoiro.localinfo.jp
3人の思いはそれなりの思いがあり、3人の思いが多々あったということだ。私はそんな彼らのすごさを目の当たりにできず、実力を見ることができなかった。若き才能を見抜くことはできなかった。
だが、彼らの言葉は決意にも似てるようだ。その中で織田さんにこうあった。

「ライブの中で僕が伝えてきた言葉が、叶えられなくてごめんなさい。
形は変わってしまうけど、一生音楽を続けていきます。それは変わりません。」

悔しさがにじませた言葉だと言えよう。

こういう時こそタオルズ

こういう時こそタオルズの「君に幸あれ」は身に沁みる。

「頑張れ、負けるな 
無責任な言葉だけど ひたすら君にエールを送る
今年も笑って君が春を迎えられますように」

これがいい言葉でしかならない。

コロナ対策は自分対策

コロナ対策は自分対策

PCR検査

私も外食する機会が出て、レストラン内で感染する恐れがあると思い、PCR検査を受けようと思った。いや、これから受ける。
自分も感染症になりたくない恐れからPCR検査を早期に受診して、早めに見てもらおうと考えている。コロナ対策の一環である。

1月5日に書いたブログを再び載せる。
私は、自覚症状はないが、最近価格破壊の安値でPCR検査を受けられるニュースを知った。また、新宿にもPCR検査を受けられる建物を自分で見つけたので、思い切って検査した。あえて「陰性」「陽性」は伏せるが、自分でも「身の危険」を感じたことや「感染症対策」は自分が「コロナには無関係」と「思ったらいけない」対策であり、日ごろの行いがしっかりしないといけない。
健康対策の一環としてPCR検査に受診した。私も定期的に受けようと思っている。さらに、1日に1万歩以上ウオーキングも心がけている。運動も怠ったらいけないと考えている。

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

これは20歳を迎えたときだと思う。20歳を迎えたときが大人と思ったです。そんなことを思って20年。この6月で40代。若々しい気持ちで考えてまいります。

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

どうでもいいが、アダルトビデオにはまった時が「大人」と思う瞬間です。あのドラマを見るとムラムラしてしまうので、これが「大人になったなと感じるとき」です。
最近、アダルトビデオに出てる役者を思うこと多々あるが、彼らは不器用な生き方しかできないと思う。不器用な生き方しかできなかったから下手な生き方をしたと思うのです。だが、これに誤った考え方がある。そう思うと考えを改める時が来たと思っています。