新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1961回目は今週のお題「夏を感じる歌」

お題「10万円」ならぬ「今週のお題・10万件」

もうすぐ「今週のお題」が10万回に達する状況だ。これから10万台の「今週のお題」ということだ。
私も「今週のお題」に1,2年ほど前から投稿。それに大きく貢献してる。これからも「今週のお題」に貢献して、お題で考えるチカラを身につけたい。

今週のお題「夏を感じる歌」

今週のお題ならぬ過去にあったお題『私のサマーソング』

今週のお題に行きたいが、今週は、「PR」のお題だったので、これまでにあったお題をいくつか書く。
これは、2017年7月6日に出された「今週のお題
おそらく気になる「サマーソング」は、SALTY'sの「I MYな夏」である。ビブラートな声で歌う松村惇史が「曖昧に夏になった」との歌い出しがすごく、夏の切なさと悲しさを淡々と歌った曲である。この歌を聴くと、「切ない夏」ソングというわけで「せつな系ソング」という印象があった。松村惇史は、何を歌っても切なかった。だから、「悲しい男のサガ」が出ていた。

これを重複する形で掲載

今週のお題「夏を感じる歌」

本田路津子の「耳をすましてごらん」
この歌を知って、早21年になる。1番と2番の歌詞を聞いてみると、「夏の幻想」と思える部分があり、「遠い夏の思い出」を描いてるような歌である。だが、3番にこのような歌詞がある。

「空を見上げてごらん あれは南の風のささやき 時は過ぎ 人は去り 冬の世界を歩むとも 生きるの強く あの海があるから」

と、冬の思い出であった。
要するにこの歌は「冬うた」ということだ。私も最近気が付いたので、「夏の歌ではない」と思い知った。

今週のお題「夏を感じる歌」

先日、弘田三枝子が亡くなった。弘田三枝子のヒットソングと言えば「ヴァケーション」だ。
「V・A・C・A・T・I・O・N 楽しいな」で始まる「ヴァケーション」
「ギラギラと輝く太陽を背に向けて 青い海泳ぎましょ」という歌詞は、「夏到来」を思わせる歌詞だ。本当にこれ一言で「夏が来た」ように感じる。そして、秋、冬、春は、待ち遠しいお休みとなる。いい曲です。

1960回目・今週のお題だった「外のことは全く分からない」

今週のお題だった「外のことは全く分からない」

AV業界ほど全く分からないものだ。一体何を考えているか分からない。
4月から5月にAV業界はどんなことをしてるのか全く分からなかった。どういう考えがあるのか。撮影があったのかないのか彼らの心理状況はよく分からなかった。
こんな分からない人と接しているので、「この人はよく分からない」と思った。
私は、SILK LABOを支える4人である「東・上原・向・及川」プラス「西島」&「北野・松坂優利」と「女性AV界の雄」に「イケメンAV男優の雄」に「セクシーイケメンタレントの雄」に願っている。

今週のお題だった「外のことは全く分からない」

果たして彼らはエロメンとして乗り越えられるのか期待したいところだ。

「彼らは、エロメンたちが年内も仕事はできるようにする。そして、3年か4年後も仕事はできるようにする」

それを考えて、それを願って、祈り切っている。

「セクシータレントの逸材になる」

それを願い、祈っている毎日である。

今週のお題だった「外のことは全く分からない」

今年デビューのイケメンAV男優やエロメンを出すことは、「不可能に等しい」ことだ。
その不可能が不可能の中でデビューしていくのは、難しいものだ。そうした中でどうデビューするか、彼らの素性は全く分からない。
エロメンデビューも難しいものだ。「難しいものは難しい」と言ってると結局、「できない」に等しい。だからこそ、「難しい。でも、できなくてもいいから出そう」という気持ちじゃないとできない。
明日は本当の「今週のお題」です。よろしく。

1959回目の日ごろの話題

衆院解散

年内の解散に向けて挑んでほしいと思う。2008年に衆院解散の話題があった。だが、リーマンショック対策で1年解散が遅れた。これだけ先延ばししてると失政になりかねない。今度のコロナ対策も後手にして、衆院を速やかにして、選挙戦に打つべきだ。
いくら解散先送りしても衆院選は必ず来る。

過去のはてなを振り返りませんか?

hiromasa8124.hatenablog.com
書くことがないので、過去のはてなを掲載。1年前の今日だ。
「どんなアイスが好き」とネットカフェのソフトクリームが好きという話題を出した。
最近は、コンビニへ行く機会が多い。そうすると、ソフトクリームがうまそうに見える。牛乳の香ばしさがたまらない一品のアイスクリームだ。
次回もよろしく。

1958回目の日ごろの話題

発掘ニュース

久々の発掘プロジェクトの発掘ニュースの話題
岩崎宏美さんがNHKの番組を寄贈。未保存の映像を紹介された。発掘の番組。写真だけ見ると岩崎宏美の空想の世界や幻想の世界を垣間見る思いがする。その幻想さについ踊らされるものがある。
一枚だけNHKホールと思われる写真があった。その赤い幕が開くのか気になったものだ。

連想ゲーム

最近、Youtubeで1985年放送の「連想ゲーム」1分ゲームだけを動画アップデートされている。
ウィキペディアでは1985年放送の映像は残っていないというが、実は、NHKには衛星放送時代に試験的段階で録画したものである。なので1984年4月から1991年3月まで映像が残っている。
なので、1985年放送分もあるわけです。あと、3枠の檀ふみを代役立てた回の「連想ゲーム」これも残っています。
さて、1984年3月以前の映像。もしビデオテープを残している人がいれば、快く提供をお願いしたいです。

1957回目の日ごろの話題

お休みしたいので過去のはてなを振り返ります。

今回は書くこと、全くないです。なので、過去のはてなを振り返ります。
hiromasa8124.hatenablog.com
昨年の今ごろ、今週のお題で出された「わたしの夏休み」
仕事に就いた人間から見た「夏休み」はどうかということを書いた。今年は「楽しい夏休み」どころではないではないので、ややもしたら寂しいものです。
hiromasa8124.hatenablog.com
津川雅彦の話題と思いきや、実は、イケメンAV男優の話題。これを読んだ人は引いたかもしれないです。
その津川雅彦、この8月4日で没後2年。役者魂を持ち続けた稀有の俳優だった。また、演技の高みを最後まで高めた俳優でした。
はてなからメールが来るので、振り返りました。

1956回目だが、「ananの官能グラビア」に挑まなかった有馬芳彦

妄想の「anan・官能グラビア」

今年は難しい。「不可能はどこまで不可能」の中で「anan・セックス特集」となる。
「不可能を可能」にしても実は、「できたことはできなかった」ようなもので結局、「できない」に等しい。だが、「できないものができない」こそ大きな壁を挑めるチャンスだと考えている。
「グラビア」は、難しいですね。西島伊吹がやろうしても彼には、できないから「次回だね」とあきらめます。西島伊吹が30歳のananの官能グラビアは、カラダに衰えが少しずつできてしまうから難しいものです。あとは「心の若さ」でいきいきするだけです。

f:id:hiromasa8124:20200515222258j:plainf:id:hiromasa8124:20200515222308j:plainf:id:hiromasa8124:20200515222324j:plain
f:id:hiromasa8124:20200527193440j:plainf:id:hiromasa8124:20200527193450j:plain

「ananの官能グラビア」に挑まなかった男・有馬芳彦

これは「ホントにあった話」
「anan」の官能グラビアを挑まなかった有馬芳彦は有名な話だと思う。有馬芳彦は、「anan」で4年間、付録DVDに出演した。その偉業を成しえた。それだけ有馬芳彦を「演技で女心をわしづかみ」というのはあった。
「官能グラビア」でやったエロメンは、ことごとく消えたが、「グラビア」に挑まなかった有馬芳彦は、すごかった。以前、messyでイケメンヌードを見せたとき、「今ひとつ」と思ったが、やはり有馬芳彦の良さを見るなら、DVDで見るしかないです。

またもや「有馬芳彦フェスタ」

f:id:hiromasa8124:20200206150150j:plainf:id:hiromasa8124:20200325213727j:plain
有馬芳彦だが、舞台に活躍するも彼は大きく飛躍してる。いや、さらに、進化してると思う。着実に何かが変わっている。大きく飛躍を遂げているような気がする。
もし何年かして有馬芳彦は、これからどうなるのか、気になるところだ。
さて、有馬芳彦はエロメンを卒業。有馬芳彦なきあとの新人エロメンは誰がデビューするのであろうか?
だが、「anan」で官能グラビアに挑まなかった有馬芳彦は、ある意味での最強だ。

1955回目は今週のお題

星いくつ

星を付けてくれるみなさん、いつもありがとう。あらゆることを話題にするエセすすき。まだまだ頑張ります。2100回目に向けて挑戦します。よろしく。

今週のお題「この夏、大活躍の予感」

アスリートにとって夏は大事な時期かもしれない。今夏はオリンピックによって特別な意味で「大活躍」できる夏だった。だが、オリンピックが本当に中止になれば、アスリートたちにとって悲惨な結果をもたらすだろう。
東京オリンピックは、「不幸を呼ぼう」と化した「呪われた祭典」だ。

今週のお題「この夏、大活躍の予感」

おそらく女性向け風俗「studioch」が思いもよらぬ形で活躍すると思う。
アダルト業界で活躍のイケメンがすまざしい勢いで活躍するので、彼らを侮ったらいけないということだ。手ごわい奴らである。恐るべき人たちかれないです。
あと、これに沿ったお題が書けず、本当にすいません。次回によろしく。