新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

905回目の日ごろの話題

台風一過

  • 台風18号、首都圏を襲う。18日の深夜に襲ったが、明け方には晴れて、東京は酷暑となる。最近まで知らなかったが、「たいふういっか」の「台風一過」。これを「台風一家」と一つの家と思ってしまった。本当は「台風が過ぎ去った」ことを「一過」ということだ。一つ間違えるととんでもないことになると思った次第である。

BS11の番組

  • BS11の番組。毎週火曜日放送の夜8時の番組がある。先日、その番組で笠置シヅ子の特集があり、それを見た。
  • 笠置シヅ子が「ブギの女王」として戦後の明るい時代に希望をもたらしたことや自分の自身の愛すべき人を失い、その人のために、歌っていきたい信念。また、人気が下火になって歌手を引退したことなど時代の歌手としてあった生き方を貫いたことを知る。
  • 大半の人は、懐メロファンの人は、笠置シヅ子の良さを全く知らず、分からない人が多くなってきたので、自分はそれを分からないといけないものだと思って、見たものである。見ごたえ十分であった。

笠置シヅ子ファン

  • 懐メロにおいて笠置シヅ子がどれだけ偉大であったか、また、ブギで世の中にもたらしたことを全く分かっていない、分からない懐メロファンが多くいる。どれだけすごいかを知らない、分かっていない人が多いので。私は、残念でいる。
  • テレビ東京の番組だけを基準にしたあまり、それだけで判断した大人が多くいる。それで「すごい」と作家委した人が多いので、かなり情けないことだと思う。もっと笠置シヅ子がどれだけすごかったかを知っておかないと取り残されるのではと思ったりした。