新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1505回目の日ごろの話題

ヤドカリ

  • オンバト熱唱編に出たヤドカリ。メジャーデビューしたのに今は惜しい人になった。でも、CDを大事にしてるのでこれからも大事にしたい。

気が付くと

  • お笑いばかり見て、16,7年になる。でも、気が付くと、熱唱オンバトに出たミュージシャンを見る機会が少なかったので、今ごろになって、その人たちの存在に気が付いた。熱唱オンバトに出た人たちもミュージシャンということに今まで気が付かなかったので、見なかった自分はどこかでどうでもよくしたと思う。熱唱オンバトが終了して13年。今、熱唱オンバトとは無関係なミュージシャンを見てるので、そういうことでふと気が付いたことだ。
  • それを気が付いたミュージシャンは、松浦航大とCzecho No Republicである。Czecho No Republicのファンになろうとする今、「熱唱オンバト」という自分の原点とも言うべきものを失っていたので、失ったことに気が付いた。だから、熱唱オンバトに出たミュージシャンを見たと思う。それが熱唱オンバト終了後のロックミュージシャンとして活躍するスマイルレンジャーだ。スマイルレンジャーは、これから貴重な存在かもしれない。

Czecho No Republic

  • Czecho No Republicを知ったのは、松村惇史のバンドのライブでのことだった。松村惇史のバンドしか興味なかった自分には、バンドへの興味を持つようになった。Czecho No Republicを通じて、松村惇史のバンド以外の素晴らしさをもっと知りたいと思った。興味を新たに持つことは新しい好奇心を求めることである。自分はそれを求めに生きているのだ。

f:id:hiromasa8124:20190508232433j:plainf:id:hiromasa8124:20190508232515j:plain
→話題のバンドというが、そのCzecho No Republicは、来年デビュー10年だそうだ。めでたいらしい。武井優心(たけいまさみ)は、パンサーの向井慧に似てるらしい。それで武井優心を知った。以前、そっくりネットであったペアなので、それで自分は知ったようなものだ。
読みは、「チェコ・ノー・リパブリック」と読む。「チョコレートっぽい」名前らしい。