新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

オンバトサポーター・ANKENへの怒りの警告状、まだある

twitterの中のANKENさん

参院選、最終日に秋葉原駅へ行ったときのANKENさんのtwitterを読んだ。また、参院選の候補者と握手したことも彼はつぶやいた。読むだけでANKENさんも感じ悪い人に見えた。私のことをあれだけきついこと注意して、とげのあることを言った。本当なら、自分が「言われても直していく」律する心は、あった。それなのに、こんな感じ悪い人ではますます信用を失くす。
ANKENさんに幻滅を感じる。「オンバトちっく」の管理人だった人は、感じ悪い人で性格も悪い人だった。ANKENさんはそう思っていなかった。私は、ANKENさんを逆恨みをしたことはある。でも、ANKENさんに注意されたことが今の自分に生かされると思った。それなのに、「サッカーのことしかつぶやかないANKEN」それを思うと、ANKENさんは「何をやっているのか」と思いたくなる。自分だって感じ悪いようなことをさせてしまってる。ANKENさんもANKENさんで言動を考えるべきである。

ANKENさんへの警告「オンバト熱唱編」という存在

オンバトサポーターでは、「爆笑オンバト」の記録を全部残しているが、実は、「オンバト熱唱編」の記録は、全部残していない。そのデータを残していないのが実情である。ANKENさんが「オンバト熱唱編」を見てたかどうかは、別にして、そのデータを完全に残していない。これがオンバトサポーターの実態である。
オンバト熱唱編」をないがしろにしたANKENさん。そのすごさを分かっていないのは、ANKENさんもANKENさんで何を考えているのかと思う。オンバトサポーターで用語集に残していた。「爆笑オンバトとは無関係」という扱いをした。「オンバト熱唱編」をどうでもよくしたANKENさんは「オンバト熱唱編」のことを分かっていない。そういうことしてANKENさんは、「何、やってるのか」と思いたくなった。
私は、オンバト熱唱編を見た。オンバト熱唱編の面白さを知ってる。面白さを分かっている人がいるのに、オンバトサポーターではそれを記録に残していない。私は、これで怒りみたいなものはあるわけです。

ANKENさんへの警告「オンバト熱唱編」という存在

オンバト熱唱編」を用語集しか残してないということは、ANKENさんには興味なかったような気がしてならない。興味がないというのはどうかと思う。そのような情報を知りたい人がいることをいたらどこで情報得るのか全く考えていない。そういう全く考えていない無責任さをANKENさんには「これぽっちも分かっていない」そう思うと私も悲しい限りである。

オンバト熱唱編の情報がない」「オンバトサポーター」でオンバト熱唱編を知ることができない

オンバト熱唱編」をANKENさんは全く分かっていないと思うのだ。その分かっていないANKENさん。「オンバト熱唱編」を馬鹿にしてたら私は本当に怒りたいものである。