新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

オンバトサポーター利用者への通告「ANKENはオンバトファンというけど実は・・・」

ANKENさんへの警告「オンバト熱唱編」という存在

オンバト熱唱編」を用語集しか残してないということは、ANKENさんには興味なかったような気がしてならない。興味がないというのはどうかと思う。そのような情報を知りたい人がいることをいたらどこで情報得るのか全く考えていない。そういう全く考えていない無責任さをANKENさんには「これぽっちも分かっていない」そう思うと私も悲しい限りである。

オンバト熱唱編の情報がない」「オンバトサポーターでオンバト熱唱編を知ることができない」

オンバト熱唱編」をANKENさんは全く分かっていないと思うのだ。その分かっていないANKENさん。「オンバト熱唱編」を馬鹿にしてたら私は本当に怒りたいものである。

(ここから、続き)
私は、オンバト熱唱編に出会ったことで「生歌」の魅力に取りつかれて、生で聴く歌の面白さにはまった。一時遠ざかったが、松村惇史のバンドに出会ったことでまた「生歌」の面白さにはまった。これもオンバト熱唱編があってのたまものだと思っている。だが、ANKENさんには、オンバト熱唱編のデータを取らなかったため、単なる情報だけ記載した。これがオンバトサポーターの本質だと思う。
オンバトファン」というなら「オンバト熱唱編」の記録を残しておけばよかったはずである。残さなかったのはひどいものだ。今は、私は、オンバト熱唱編は自分の記憶しか残っていない。2005年正月の三夜連続放送もそうだと思う。オンバト爆笑編とオンバト熱唱編を同時に見た思いでは今は自分の記憶しかない。だが、オンバトサポーターは、オンバト熱唱編。三夜連続放送の情報をなかったようにしてしまった。そういうことをしたANKENさんにとって重罪と言えよう。

オンバトサポーターの利用者の通告「ANKENさんはボキャブラ天国のデータを取っていた」

オンバトサポーターを利用した人、誰もが「ANKENさんはオンバトファン」と思っているが、実は、ボキャブラ天国のデータを取っている。そのため、ボキャブラ天国を見ていたのだ。「オンバトファン」というのは、自分はオンバトサポーターを利用した人には、信じ込まされたようなものだ。
だから、「ボキャブラ天国大好きだったANKENさん」というのも本当だ。そのデータが残っているため、ボキャブラ天国の情報も知ることができるのだ。そのような事実を分かっていないオンバトサポーターの利用者の人は、全く哀れだ。実は、ほとんどが騙されたようなものである。ANKENさんのやったことはペテン師のようなことをネット上でしていたようなことだ。だから、見破っていないといけないのだ。もしオンバトサポーターのHP全面閉鎖になったら、全く知ることはできない。だから、ネットの情報は自分の体に入ることはあり得ないのだ。だから、見破っていこう。

さて、エセすすきは・・・

さて、エセすすきは、今、エロメンにはまっている。そのHPでエロメンの写真を見てるのが楽しみである。あのモザイクのかかった今年3人目のエロメン。一体どんな顔してるのか、気になっているものです。