新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

笑顔の時間

真顔から笑顔に

最近、私はよく眉間にしわを寄せることが多い。そうすると、目つきが悪くなり、顔つきが悪くなるのでよくないと思っている。
そんな時、前の職場の講習会で「真顔から笑顔にしましょう」という研修を受けたことがある。真顔になりやすい職場で笑顔で接しようというものだが、笑顔で行くことは大事である。今の職場でも生かさないといけないと思っている。笑顔でいると職場の雰囲気も変わっていく。そういうことを実感した。時々、それを思い出しながら、今の仕事でやっていきたい。

エセすすき、質問箱で気になる

オンバトサポーターのANKENがtwitterで質問箱をやっているとつい欲が出て、私もANKENに質問箱に質問したい気持ちが沸いてくる。
でも、ANKENのtwitterを見ると、彼の性格の悪さ、ひねくれた気持ちが出て、「この人は嫌な人だ」と思ってしまう。質問したい気持ちはあるが、結局無視していくしかないのだ。
私には、注意したANKEN。なのに、自分の態度を改めない。これはよくない。
オンバトファン」と称して、実は、「サッカーファン」とtwitterでつぶやく。二枚舌を使っていた。そんな私に「ANKENの注意を聞かない人は嫌い」と言われた。私がオンバトサポーターのライブレポを投稿して、内心嫌だった。しかし、熱心に投稿した女性や私のことを「幻滅した」とメル友解消。そして、私のオンバトサポーター掲示板荒らしで私を嫌った人たち。みんなANKENを信用した。
ところが、あろうことがそのANKENも嘘つくようなことをしてたと知ったら、ANKENの信用はネットの上でなくすのだ。だから、「こいつは怪しい」と誰が見抜かれているのだ。それに気が付いていない本人は、本当に哀れなものだ。
そういう欺瞞を糺したい気持ちはある私だが、ANKENの質問箱は、全員で無視しよう。私は、ANKENに質問箱出したくないものだ。

オンバトサポーターで気になったけど

オンバトサポーターでライブレポを投稿した女性。「宇田川ロケット」のレポを投稿した女性は、私のことを嫌ってもANKENのことを信用した。
そのANKENが裏切るようなことをネットでしてた。実は、「クイズダービー」に出てた「裏切りダヌキ」よりたちが悪かったことを知ったら、彼女は、やはり傷ついているはずだ。そういうふうにネットで裏切るようなことをしたら自分が悲しくなるだけだ。
彼女、そんなANKENを知ったら、悲しい気持ちになっている。そういうことを思った。
そういえば、「金スマ」の中で復活した「クイズダービー」。中居正広は、「裏切りダヌギ」より出場者を裏切るようなことをして、出場者に愕然とさせたことがあったなぁ。