新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

ほとんど興味なかった「オンバト冬の陣」

今週のお題「2020年の抱負」

今年の抱負は全くない。ただこれまでの人生、「頑張り過ぎた」人生だった。人の何倍も「頑張り過ぎた」
だから、これから、「頑張らず、ちゃんと努力する」それしかない。
今年は明確な目標はない。

今週のお題「2020年の抱負」

というより2019年は、人生で大きな考えが変わった1年だった。
特に

「お笑い芸人だけずっと見たい」

自分にはそういう考えが甘かったと思った。

「お笑い以外もちゃんと見る」

と、2020年ではなくこれからの目標である。
というか、私は、

「笑いを見て21年」

つまり

「21歳で生で見た笑いを21年間見る」
「2023年も笑いは見る」

という目標がある。
2017年に立てた目標だ。それを目指して生きている。
だが、2023年に向けてだが、

「笑い以外もきちんと見よう」

と思った。
要するに

「生のステージをこれから見る」

ということだ。

今週のお題「2020年の抱負」

さて、「今週のお題」の最後だが、37歳で見た「寄席」だが、

「目標はいつか」

また決めてない。
これは、生きてる限り、「ちゃんと見て得たい」と今、考えている。

オンバト冬の陣」の予告編の情報はみんな興味ない

オンバトサポーターでの「オンバト冬の陣」
「爆笑編」「熱唱編」の司会のトーク以外にオンバトサポーターでは「予告編」の情報まである。
これは明らかにネットで余計な情報を流したと考えている。
HN「大将」がそういう余計なデータをオンバトサポーターで流したと考えている。
私にはオンバトサポーターの掲示板で「佐良直美」の話題を書き込んで管理人から「歌手の詳細書かないでください」とクレームの書き込みがあった。私には彼は厳しく注意されたのにそれ以外の人には何も注意がないのは「おかしい」と思う。
私は、オンバトサポーターの予告編やトークは(オンバト以外の)お笑いファンには興味がないと考えている。だから、「フェイクデータ」のようなもの。
ただ、私は、1度だけだが、オンバトサポーターに「スタジオパークからこんにちは」に出たケンドーコバヤシオンバトでコンビ時代に出た不合格のネタを見たときの情報を「データ更新」を掲示板に要望の書き込みしたが、小さく反映されただけで私の情報は全く管理人に相手にされなかった。
それだけ彼は私のことが「大キライ」だった。
これがオンバトサポーターの管理人の本心だ。彼は私の行動を嫌った管理人だった。