新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

出禁区域・栃木県

みなさんへのお知らせ

私がオンバトサポーターでアク禁を起こした人間は「悪」と。
だが、今回「U字工事ファン」の女性の実名上げます。その実名を出したうえで「ネットでもたらした悪」をきちんと書きます。
明日、その方の失敗を書いて、「ネットでやってはいけない」ことを書きます。

出禁区域・栃木県

私が弘瀬友里加さんをしつこく考えるため、

『「U字工事ファン」の女性と縁を切りたいからU字工事と縁を切る。ファンをやめるわけにはいかない』
「栃木県も自ら出禁だ」

と自分で気持ちのけじめをつけたかったのです。
「男のけじめ」として

「栃木県を出禁区域」

としたわけです。なぜなら

U字工事とそのファンとの縁を自ら切って今後関わらない」
U字工事を生で見ないためには、そのファンのことを忘れる」
「そのファンを忘れるために、U字工事やゆかりの地域もすべて忘れる」

と、

『自分の中の「U字工事絶縁」』

を決心したわけです。

原因は何か?

これはお互いに悪いわけです。
ネットの社会には、

『悪いことは「OK」』
『みんな悪いことできる』

社会のため、なんでも許されるわけです。これで思わぬ落とし穴を作るので、これもそのひとつと思います。
弘瀬友里加さんのことは、私がしつこく考えすぎたので、自分に「非」はあります。
だから、彼女のファンの芸人を見ないことが自分の「気持ちのけじめ」をつけたかったわけです。彼女の忘れるためにもそうするほかになかったことです。

「栃木以外にも」

私も今回のことで気が楽になりました。

「栃木以外にも名所はある」
U字工事以外にも面白い芸人はいる」

と、達観しできたのです。
昔はそういうことはできなかった。「出禁」や「アク禁」になった私は「愛着心」強かったので、

『「出禁」や「アク禁」になったら即退場」』

ということをできなかったわけです。今度のU字工事の一件は自分にはできなかったことをようやくできたようなものです。なので、人生初めてできたひとつかもしれません。
だから、栃木に行けなくなった今、そういう悔いや未練はないです。U字工事を生で見れなくなった今、自分で吹っ切れたかもしれません。だから、

「しつこく考える自分はそのしつこく考えた人のファンをやめたい」

と思って、決心したかもしれません。

U字工事

U字工事オンバトに初挑戦から16年。オンバトで実力をつかんだ彼ら。弘瀬友里加さんの悪影響で「U字工事ファンの女性」で自分は不幸の歯車を自分で狂わせて、その歯車で自分の中で苦しめたわけです。
U字工事ファンの女性」で自分は15年近く、振り回されたのです。
そして今、「オンバトに出たU字工事」を知らない人が多くなり、「名前なら分かる」程度になった。
この現実を知った今、ファンの女性・弘瀬友里加さんへの決別とそのファンの決別をした。
自分にとって大きなスタートとなった。また、彼らのファンだった弘瀬友里加さん以外もU字工事を知ってる人がいたことを自分で分かったものです。