新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

セクシータレント界の「どてらい男(やつ)」有馬芳彦

セクシータレント界の「どてらい男(やつ)」有馬芳彦

「セクシータレント界の滝沢秀明

滝沢秀明は、あらゆるジャンルに挑戦して、舞台からテレビにプロデューサーや演出と多ジャンルな青年であった。ところがだ、滝沢秀明は、芸能界引退して、プロデューサー業に専念してる。有馬芳彦は、本業を引退したが、AVメーカーでマネージメントしてる以外に舞台俳優やバー店員と両立をこなしてるマルチタレントだった。マルチタレントの有馬芳彦として活躍するため、

「しまった。裏方に徹するタッキーと違って、有馬君は裏方から表舞台とさまざまに挑む奴」

と思い知らされた。そう思うと、有馬芳彦は、「こわいもの知らず」の青年だった。

「タッキーよりすごい奴」

と、思い知らされた。今は有馬芳彦は、

「セクシータレント界の滝沢秀明
「セクシータレント界の東山紀之

なので、東山紀之みたいなところはあると思う。滝沢秀明東山紀之より「スゴイ」ということだ。
そして、「有馬芳彦」「向理来」「長瀬広臣」「左慈半造」は、「AV男優界の「どてらい男」」となった。完全にすごい奴ということだ。

さて、昨日の続きを書くが、有馬芳彦は、

「セクシータレント界の「どてらい男(やつ)」」

になったと思う。あれだけどてらくなって、どんどんさまざまジャンルに挑み、「できないことをできる」までに言わしめた男である。普通ならAV男優で終わって、そこで甘んじやすいが、彼には、「甘んじるのが大キライ」「もっともっと挑みたい」願望が強すぎた。こんな「もっと挑みたい子」がセクシータレントにいたのは夢にも思わなかった。
滝沢秀明より手ごわい青年が有馬芳彦とは夢にも思わなかった。滝沢秀明よりすごい子だったと思うと、自分も考えが足りなかったと思うばかりです。
有馬芳彦は、本業を引退したが、「裏方から舞台までさらにこなしたい」
それが彼には「両立」という難しいことに挑みたい考えが強い子だったと思います。

セクシータレント界の「どてらい男」・有馬芳彦は、どてらすぎた?

「エロメンTOP3」や「リングスTOP3」の稼ぎ頭・有馬芳彦は、完全な「セクシータレント界の「どてらい男」」になってしまった。
有馬芳彦の周りには、タックを組んで、挑んでいく奴らだったので、そんな青年を見ると、「これは叶わない」と思った。有馬芳彦以外に向理来、長瀬広臣、左慈半造も「AV男優の「どてらい男」」になったので、「そうね」と思っている。
小説「どてらい男」が実際にいたので、これは叶わないと思った。
f:id:hiromasa8124:20200103202235j:plain
f:id:hiromasa8124:20200229195821j:plain
f:id:hiromasa8124:20200229232839j:plain
f:id:hiromasa8124:20200204224520j:plain
今度の有馬芳彦のすごさに小生は負け続けています。そして、そこで

滝沢歌舞伎は・・・

滝沢歌舞伎だが、もう行くことなしにします。もし舞台公演が予定通り行ってももう行きません。
もともと滝沢秀明とは、応援したが、生で見ることはなく、滝沢歌舞伎にも縁がない人間だったので、潔く「滝沢歌舞伎」は「行くのをやめます」そして、尾上松也さんや片岡愛之助さんのような歌舞伎に命を懸ける人をきちんと見る。ここできちんと「オトコのけじめ」をつけます。
私は、滝沢秀明を「もうキライ」と書きませんが、自分で「タッキーLIKE」を捨てるには、「本物の舞台をきちんと見る」そうしたくせをします。これで「タッキーLIKE」の自分も「おさらば」します。
これから「ジャニーズ以外のイケメンもしっかり学ぶ」それをやっていきます。有馬芳彦のすごさ、叶いません。

あと49日で

今日から49日間、自分の49日間を挑んでいきます。6月13日から逆算して364日単位で今日です。どれだけ49日間生きられるか、やって見ます。
人生初の「49日法要ならぬ49日間」勝負です。エセすすき、「まだまだ生きてまいります」