新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

「卒業宣言」のエセすすき

「卒業宣言」のエセすすき

みなさん、こんにちは。エセすすきです。
今回は、大事な「お知らせ」をブログで書きます。
アド街ック天国」「美の巨人たち」「開運!なんでも鑑定団」をテレビで見ることを今日をもって卒業します。
4月5日にノートを整理したら、1枚の新聞の切り抜きを見ました。2006年12月17日付の「聖教新聞」の「破邪顕正」です。
「今のテレビはつまらないから「抜け出せない」」という記事です。
それを見たとき、2020年の現在も「テレビがつまらない」から抜け出せない現実を思いました。そう思うと、最近のテレビは「面白さ」が欠けたような気がします。
アド街ック天国」や「開運!なんでも鑑定団」が「つまらない」のは、マンネリ化や種切れ。司会者が交代したものの、番組自体が全く変わっていない。他局のテレビ番組が新しい番組にしていく。そうすると、「アド街」や「なんでも鑑定団」が小さく感じた。小さい内容の小さい番組になる。そのマンネリ化が深刻になった。「つまらない」のは、顕著に出たと思う。
原因は、「内容はつまらない」「何をやっても中身は同じ」ということで卒業を決心した。

おそらくテレビ東京の長寿番組の「卒業宣言」した私は、今のテレビ東京の「長寿番組」ゆえの弊害が出たと思う。司会やキャストが変わっても「中身が変わってない」そういう不満が出たように思う。そうすると、「不満が先に出て」その不満が解消できなかったと思う。
テレビ東京は、小さい考えや狭い考えを捨てて、「自分の考え」を通すことをしないで「同じテレビ局である以上は民放と同じようにやっていく」そういう心がけをしないといけない。そういう心がけがないと思うのです。
狭い考えは捨てないといけないです。

「5・3」を前に

創価学会が「3.11」がきっかけで「悪はまだまだはある」「その悪に立ち向かう精神」がなかった。そういう心を失うと「悪に挑む心まで失う」と思う。創価学会がさらに「悪は絶対はある」「その悪に立ち向かう」意思がないといけないです。
2013年ごろからそういう「自己満足」が出たと思う。停滞が思わぬところで出たと思うのです。「東京オリンピック」は、「国民を巻き込んだ21世紀の戦争」その「島国日本をむき出しにする日本人が多いか」分からなかったように思います。
私は、「東京オリンピックやってほしくない」考えだった。「開催をしてほしくない」人間だった。「脱「東京オリンピック」社会」として社会を変える動きをしないといけない。
また、「令和の人間革命」「令和の創価ルネサンス」の再構築は大事と思います。今度のコロナウィルス問題は、「大きい爆弾が飛んだ」「その爆弾の大きさに日本人の見失った姿を取り戻す絶好のチャンス」「悪がまた来たらその悪に挑む」そういう心を付けるチャンスなのです。だから、「小さい考えを持つな」という大きい警鐘と思わないと「人間革命の構築」は切り開かれないものです。
そうした「精神復興」を創価学会がさらに気づく時です。
「人生最大の喜び」として「生きる希望」として創価学会がさらにまい進できる時です。要するに「困難に立ち向かえる大きいチャンス」「境涯革命ができるとき」ということです。4月29日にまた書く。