新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

今日で毎日連続更新3年目・その記念日・「創価学会よ、臆病になるな!」

創価学会よ、臆病になるな!

創価学会が90周年を荘厳に飾れず、絶望の2020年になる中、これが「小乗仏教」化になることを警戒してる。
池田大作門下の時代に突入した2007年ごろ、創価学会池田大作門下生時代になった。原田稔会長が実質的な「池田門下」の創価学会の会長をしないといけない。
これまで秋谷栄之助会長、青木亨理事長、八矢弓子さんと言ったみなさんは戸田城聖時代の創価学会に入会。公明党渡部一郎さんも「城克」と名乗るほど「戸田門下」であった。が、池田門下は直々にその薫陶や指導を受けて戸田門下の後を継いだ幹部の指導と鍛錬を受けて育った幹部である。
だが、今後は、池田門下として後継が陸続した中、さらに後継を育ていかないといけない。池田門下に直弟子がいない中、誰一人いない中で「手作り」でやっていかない時代になった。

創価学会ウオッチャー・エセすすき?

2007年ごろの第1次安倍内閣は、安倍内閣の暴走で自公政権は失政に終わった。
hiromasa8124.hatenablog.com
→新農水相がやるべき課題。また、年金法案の強行採決
hiromasa8124.hatenablog.com
→安倍首相の支持率低下は、年金法案の強行採決は災いしてのこと。
hiromasa8124.hatenablog.com
→「防衛大臣の発言 またもここしばらく日記を書いてないので、久々に書く。 最近、防衛大臣の「原爆投下はしょうがない」発言で引責辞任した。 」
hiromasa8124.hatenablog.com
→「今日、参院選が公示された」
hiromasa8124.hatenablog.com
→「 新潟での地震安倍総理は、選挙での遊説をやめて、地元に駆けつけた。 ぼくは、当然と思う。」
hiromasa8124.hatenablog.com
参院選に大敗した安倍自民党について
hiromasa8124.hatenablog.com
→「結局、安倍総理の批判票が民主に移ったというものである。 民主党が勝ち、野党が参院の主導権を握るが、しかし、これは、野党が与党の攻撃を強めるだけで、政治に大きな流れができないと見てる。」
hiromasa8124.hatenablog.com
→「安倍総理が、本当に「この人なら改革できる」という自分の友人だけにこだわらず、「改革できる人を進める」。それが大事でしょうか?」

当時の安倍政権をブログで記した。安倍晋三の暴政を加担したのは公明党であり、公明党にも責任はある。創価学会安倍晋三内閣に怒りののろしを上げず、傍観したことも「安倍政治を許した」原因になる。そして、今、安倍政治の落日の輝きをする中、公明党創価学会自民党に躊躇せず、黙って見過ごしたらいけない。
安倍晋三の悪を創価学会公明党がたたき出していくべきである。「安倍悪政」をたたき出すのは、創価学会の使命である。
公明党国会議員は「池田門下生」たちである。「池田門下」は怒りを上げていくべきではないか?
もう創価学会安倍晋三に黙って見過ごすのはやめるべきだ。創価学会も正義の声を上げていくべき。「無関心を装うな!」である。
そして、安倍晋三内閣の早期退陣を創価学会が高らかに上げて行こう!