新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1951回目も今週のお題

今日も過去にあった「今週のお題

2013年9月12日出題の「2020年へ」でまた書く。
結局、この6,7年間、私は、「これで終わった」ような錯覚を覚えて、「2020年より先はない」と思って生きていたのは事実だ。「東京オリンピック」というものが「自分のこの世の終わり」と思い込んだ。これで生きるのがつらく感じた。
今思うと、6年間、魔に踊らされて、振り回されたと思う。だから、「あぁ、もう生きててもいいことない」なんて思ったかもしれない。やはり「魔」に振り回された気がする。冷静に考えるとそう思えてならない。
今年になって

東京オリンピックがないほうがこの世の幸せではないか?」
東京オリンピック中止したほうがニッポンは大きく変えられる」

と思っている。
日本人は「東京オリンピック」のことしか考えられず、その成功だけ考えようとする。そこに固執すると目先の欲望にとらわれている。だから、日本が精神的に病んでいるのは当然だと思う。その病理を取り除くのは「オリンピック」中止ではないだろうか?

去年の今ごろを振り返る

hiromasa8124.hatenablog.com
hiromasa8124.hatenablog.com
私が去年の今ごろ、オンバトサポーターのANKENを痛烈に批判した。

オンバトファンと称しながらお笑いファンではないANKEN」

と批判をだらだら書いた。今でもオンバトに対するファン書きたいです。だが、書く余裕がなく、時間が過ぎていきます。