新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

2024回目も今週のお題

前回のお題「運動してますか?」

今週のお題「最近運動してますか?」

昨日、ブログをやってて思ったが、「四六時中」って何のことか分からなかったが、実は「一日中」であって、「一日中」ということだ。
「四六時中おうち」ということは「毎日おうちにいる」ということで自分も恥ずかしさが先に立った。
幸い、私は、今夏、一時休業を職場に申し出をして、8月から再開した。9月は出社したものの、休みの日は「おうち」にいることが多かった。「おうちにいる」私は、ここから性根を入替して、できるだけ外の空気を吸っていこうと考えている。できるだけ「運動」を心がけたい。

今週のお題「最近運動してますか?」

昨日、私がブログで書いたけど、散歩で運動してる。だが、体育館での「運動」を再開したいと考えている。
時期は未定だがいつでも「再開」を考えている。ただ、体育館へ行くとイヤで煩わしく感じることがある。「TOKYO2020」という文字が目に移り、体育館でもその旗やのぼりがあると煩わしく思えて、煩わしさが先に出てしまう。
東京オリンピック」を成功を考えているが、しかし、「ニッポンだけ特別扱い」受けてるわけではないし、「特別扱いで東京オリンピックの開催」をさせていくわけではない。これほどまでに社会を衰亡をさせて、社会が亡国にさせたか計り知れないものがある。そうさせたオトナの無責任さ、いい加減さが出て、日に日に社会が衰退させていくようでならない。
東京オリンピック」の開催中止をしないと社会は大きく道が開けないのではだろうか?

今週のお題「最近運動してますか?」

私は、自分勝手に「東京オリンピック中止運動」してるが、行いは大事だと思う。
創価学会も幾多の障魔に遭い、広布を阻む輩と敢然と立ち向かった。創価学会に弓を引き、裏切った人間は多数存在する。その裏切った人間が創価学会に誹謗中傷の嵐を行おうと最後は自滅を一途をたどった。哀れな最期を遂げた人間は無数いる。
「始めは何事もないようで最後は滅び去っていくものはない」との言葉がある。まさにその通りである。また、「鬼神乱れればその万民も乱れてしまう」とあるように「国土を乱れる人間が出現するとその国民も乱れていく」とある。だから「そうした悪党」を許したらいけないもので「悪党」には追撃の手を緩めてはいけない。
創価学会は、これからも「社会を狂わす人間」には断固立ち向かって戦わないといけない。「嫉妬に狂った輩はたたき出せ」である。

このお題(のつづき)

そういえば思ったのだが、創価学会には芸術部という部属がある。芸術部には芸能人も何人かは所属してる。ふと思うのだが、果たして、アダルトビデオに出演中の人間は、「仏敵」なのか、「周りからするとおかしな人間」か思いたくなった。
さて、有馬芳彦は、「芸能界の目の敵か」「AV大好きな舞台人か」考えるだけでアホらしい。というか、AV男優は、人間である。同じ人間として見ないといけない。

アホらしいが・・・

私も恥ずかしいもので「四六時中」とはアダルトビデオの用語と思い、「エッチなキーワード」と思った。1年経って気が付いたが、「四六時中」とは「一日中」のことで「毎日」ということだ。
普段の生活でも使う用語だ。我々も「四六時中PC」「四六時中スマホ」なので、「スマホ」は手放せないものだ。そして、「オンライン」も「四六時中」だ。「四六時中発情中」の見過ぎかも。さて、ここから今週のお題

#わたしのおすすめマンガ2020

やはり吉住渉作品。初期の「ハンサムな彼女」「ママレード・ボーイ」は素晴らしいと思っている。
ハンサムな彼女」が持つ自立していくヒロイン像。これが作品の永遠の輝きを放っている。アイドルから女優へと転身を遂げるヒロイン像。これが「ハンサムな彼女」の面白さです。
ママレード・ボーイ」も捨てがたい。今思うと「素直になれない」「素直じゃない」恋人たちの素直になれないところを余すところなく描き切った名作である。その後日譚的な作品もあるので読む価値ありでしょう。
私が勧めるマンガは吉住渉作品ということです。