新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

2027回目の日ごろの話題

去年の今ごろを振り返る

今週のお題「秋っぽい日々を送っていますか」

この秋は、何が何だか分からない中での秋が来たような気がした。
9月は、暑い日が続き、10月も暑く、クーラーをつける日が続くと、何が何だが分からない季節になった。そして、台風19号。急に肌寒くなった。どういう日なのか分からない秋になった。
今、10月20日。今年の夏は、肌寒く、「冷夏」と思ったら急に暑くなるなど分からない季節になった。着るものも困り、なにがなんのか分からない秋になった。また、10月頃からのどをやられてしまい、クリニックへ行き、診察。そして、薬を飲んで、治った。まだ、本調子ではないのでまだまだである。
結局、「よく分からない秋になった」かもしれない。調子が悪い私は、「気力で乗り切る」しかない。

今週のお題「秋っぽい日々を送っていますか」

とにかく秋らしい秋がなく、気が付くと「立冬」。
冬である冬のときこそ「乗り切る」気持ちでいたい。だが、いつも思う「9月から1年の後半である。ラストスパート」とそう思ってやっている。だから、「しんどい秋こそ気力で乗り切る」私だ。
私にとって「まだまだ」の気持ちである。その気持ちでやらせていただきます。
12日に仕事があった。でも、台風で出社困難でお休み。だが、18日から5回連続出勤。でも、「つらいけど乗り切る」しかない。だから、私は、「仕事しかできない」人間かもしれない。10月の大変な時こそ「腰据えてやっていく」私である。

この前の台風19号の話題を書いてみた。さて、どうだろうか?

その台風19号

あれから1年です。甚大にな被害を受けた台風なので、それが大きな教訓であることを願ってやみません。