新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

2101回目の日ごろの話題

「11・18」から40日

この40日、コロナ問題で大揺れになり、「勝負の3週間」で感染者の減少に至らなかった。その「3週間」の延長してる。だが、私には、この問題、無関係です。というより、12月を生きることは、どれだけ大事か考える機会になり、12月の成功が来月からのスタートを位置付ける大事な日を実感しました。
実は、12月は1年の掉尾を飾る大事な月。それを学んだ40日でありました。戦いに悔いはないです。

「エロメンラボ」の話題、今日で終わり

エセすすきが書いた「エロメンラボ」だが、今日で終わりにします。来週から「今週のお題」や身近な話題を書いていきたいです。

エロメンの話題

エロメンは笑いで下ネタである。下ネタは大半は受けないのがお決まりである。私もブログでそういう話題を振ったものの、相手にしてくれないのが実情で不愉快に思われた面が多々あった気がするのです。
2021年はこういう話題はできるだけ控えて、品のいい話題を書いていきたいです。

マキノさん

SILK LABOの社長であるマキノエリさん。マキノさんが下ネタを振っても許される。OKなのは、やはりマキノさん自身が良心が良く、まじめだからである。そういうまじめさがかえって、汚さが出ず、不愉快にならないと思うのです。
結局、言葉は不愉快にならないために使う文化であり、その不愉快させないために相手にどこまでいいように伝えていくかがカギです。だから、言葉は大事なのです。
2020年もマキノトーク炸裂。twitterでも炸裂だった。2021年もtwitterでマキノトーク炸裂するだろう。

ロス?

今年はあっという間に西島伊吹は消えてしまった。
この暮れになり、というか、2,3ヶ月前から西島伊吹を話題にする人はいなくなった。実力がなかったに等しいです。エロメンのセックスは自分を磨く、努力すれば信用につながるので努力は大事なこと。
エロメンは不器用で完璧にできない人が大成する。というか、AV男優は不器用じゃないと大成できないものだ。

結論

ということで下ネタも書けば書くほどキリがないので「ここ」で引こうと思いました。これから下ネタ以外の話題も提供して、より楽しいブログにしたいと考えています。

今週のお題「ピザ」

先月のお題をもう1度書きます。
結局、ピザも洋食だから、洋食を軽く見ると、食べ物を軽く見ることになる。食べ物は大事に見ないといけないと思った。
関係ないが、プリンもプリンは、「海外にはないお菓子」と思ったこともあるから、子どものころに間違って得たことが今ごろになって、ようやく気が付いたわけです。ピザは、洋食だからピザトーストもあるかと思う。コンビニでも売っているはずです。
まだまだ勉強です。

今週のお題「寒い日には鍋だから」

今週のお題「寒い日には鍋がいい」

Youtubeで見たが、リュウジのハズレシピの中でポトフを紹介。
野菜をぐつぐつ煮込んだポトフがうまそうに見えた。ポトフは、野菜たっぷりで野菜のうまみがスープの中に出ている。これがうまそうに見えた。野菜の煮込み料理もまた格別であろう。

今週のお題「寒い日には鍋がいい」

やはりおでんである。おでんが「寒い日の鍋」でどうしても食べたい料理だ。
おでんはなんでもあるのでどれがいいかたまらないものだ。なんか「寒い日のおでん」もなかなかなものだ。

2061回の今週のお題を再び書きます。
特におでんはいろんな具を入れて食べれる料理だから、今やアメリカでもヨーロッパでも食される日本の家庭料理です。「欧米で食されない日本料理」と頭から決めつけていたら、食い物をバカにするので、これから食い物をバカにしないようにして生きます。

「ing to 2012」から9年です。

「ing to 2012」から今日で9年。私のお笑いの中で、生で見るステージで大きく変えたライブである。今日は12月28日。12月28日が来るたびにこのライブを思い浮かぶことが多々あります。
9年経つと、見る考えがまた大きく変わりました。さて、「ing to 2012」から本当の12年後の2023年12月28日、2024年12月28日を目指して、まだまだ生き抜きます。