新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

175日前を振り返る

175日前を振り返る

hiromasa8124.hatenablog.com
→およそ半年間でコロナで社会が悪化した。だが、私が168日後を目指して生きるということは、次のステップに向けて生きるということだ。
だから、これでゴールではなく、次のステップを踏んだことになる。そういうことを考えている。

さて、2020年12月28日

目標に到達した2020年12月28日。そのゴールに着いた。もう次の目標の2021年12月28日に向けて生きることを決めた。世の中が悪化しようと自分がどこまで生きられるか考えてやっていきたいと思っている。

おそらくだが

ニッポンという国は「何事も我慢強く」耐えることができない国だと思う。
「辛抱」を覚えないからコロナが終息しない気がする。今の日本人は耐えることをもっとしないと社会はよくならない。コロナが終息しない原因は権力者の耳を傾けない。怒りをぶつけない。黙って見過ごすことが多い。それだからニッポンが腐敗していくのは当然だと思う。
創価学会もただ黙って悪を見過ごしたら傍観して、泣き寝入りしたら必ず負ける。2020年の創価学会の敗北の因は「悪を悪として滅する戦い」をしなかったからである。創価学会は今こそ社会悪に断然と立ち向かい、怒りを怒りとして戦ってほしい。
障魔は必然と現れることを認識してほしいものだ。