新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1年前の今ごろの振り返る

1年前の今ごろの振り返る

hiromasa8124.hatenablog.com
今回は、2020年2月29日の「今日はお休みなので」を振り返る。
振り返ると、この時点で西島伊吹はSILK LABOが押す期待のエロメンであって、ブレイクが間違いなしであった。期待されていたのは事実であった。「PANPAN」でも「ブレイク必至のAV男優」と称された。だが、残念なことに西島伊吹は、活動休業状態になった。ところが、「PANPAN」で「ブレイク必至のAV男優」としてランク入りしなかった。だが、完全にブレイクしてるのが上原千明上原千明は、図太い神経と期待を裏切る演技でファンを獲得している。話題に上がっていないが、人気急上昇の上原千明だ。なんで「ルックスで選ぶ!エロメン(イケメンAV男優)人気ランキング10【2020年】」の中に入らないか不思議だ。
それぐらいのブレイク中の上原千明だ。西島伊吹より上手です。

1年前の今ごろの振り返る

hiromasa8124.hatenablog.com
hiromasa8124.hatenablog.com
私も去年の今ごろまで及川大智のことをO君と称して、遠回しなことを書いたものです。そのO君。エロメン歴はこの1月で満3年になります。お君こと及川大智の特徴は声が高いことやえくぼが特徴的。引き締まったお尻とエロスが全開。体中がエロスだらけは及川大智の最大の売りかもしれません。

f:id:hiromasa8124:20200925220045j:plainf:id:hiromasa8124:20201129204210j:plain
この1年にあったが、私は、及川大智を配信先行を通じて見て、及川大智のエロスの演技にはまったものです。その中で「NEW YEAR」という最新作は、暮れの押し迫ったカップルの暮れのひと時を描いた作品です。ラストで大みそかの晩のセックス。おそらく興奮するほど暴れまくった。多くの大人を共感させるものがありました。

保志健斗の話題

f:id:hiromasa8124:20201030221413j:plain
f:id:hiromasa8124:20201130210314j:plain
保志健斗がエロメンデビューしたおかげで西島伊吹のことを忘れることができた。保志健斗がいたおかげで私の中の西島伊吹のしつこい自分を振り切ってくれた。もし保志健斗がエロメンデビューしなければ、私は、西島伊吹をうじうじ考えていたかもしれません。保志健斗は最近の恩人です。
そういえば、女性向け風店にSOD社員だったイケメンがデビューしたそうだ。シャイで不器用でアダルト業界で活動したいSOD社員にはどこかたくましくなったように思う。根を入れ替えたのだろうか?