新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

今週のお題「下書き放出!」

今週のお題「下書き供養」ならぬ「今まで書いたブログ」

「エセすすきの日ごろの話題」この4月29日で9年。毎日更新続けて、この6月7日で4年になります。以前、はてなダイアリーで書いた日記をはてなブログに転載して、昨夏、すべて完了。
書いたブログを見ると自分でも書くのも変だが、たどたどしく、稚拙な文章が多過ぎと思う。私もそれを直して書いたつもりだが、まだ分かりにくさや汚さが出て、それの繰り返しであります。だが、私も毎日更新続けて4年、5年、6年、7年に向けて自分を磨いていきたいです。

今週のお題「下書き供養」ならぬ「今まで書いたブログ」

はてなブログに移行した時の私ですが、移行した時、星付けてくれる人はいないと思った。そういう人はいないと思った。だが、いつの間にか星つけてくれる人が出てきて、うれしい限りです。私も欲張らないで日々一日思うことを書いて、皆さんに喜んでいけるよう書いていきます。

過去のはてなブログを振り返る

オンバトラヴドライブ

オンバトでのラヴドライブの漫才は、オンバトサポーターによると「(漫才)外国人に間違えられる」で「外人であることの被害妄想」の言葉はどこにもなかった。これが正しいことだと思う。「外人呼ばわりされることへの被害妄想」なんてオンバトサポーターのオンバトに出たラヴドライブの漫才には出したくないものだと思った。「外国人」と「外人」はえらい違いだ。「外人」というと海外の人を侮辱する言葉なので言葉は大事だと思った。私は、ラヴドライブの漫才を何度か見たが、その時は迫力あると思った。でも、長い目で見ると不満をぶつける笑いで今一つと思った。ブレイクしにくい笑いだと思った。

エセすすき、つぶやく

ラヴドライブを生で何度も見た。たくさん見た人はそれだけラヴドライブを知っていた。でも、自分は10何回見て、今一つと思った。たくさん見たからいいと限らないと正直思った。中身が大事だ。

彼女への不満

仕事先で知り合ったりんごのほっぺの彼女。よくしてもらったのに彼女と会わなくなった途端、嫌い意識が強くなった。そういうことでブログなどのネット上で名指しで批判したら、まるでその人を悪者にするかのようで大変、不快である。いくら嫌いだからネットで批判したらいわば垂れ流しをしてるようで嫌なものである。いくらいやだから不満をネットでぶつけてもそれはしてはいけないことだ。

これがはてなブログで書いた時の最初の話題。通算1250回目の2018年8月30日の話題です。
ラヴドライブが不満をぶつけるネタで笑いを取るにせよ、聞く人が不愉快になれば、そこまでと思う。だから、人の不幸を笑い飛ばすのは「アウト」ということです。
弘瀬さんの見る目と私の見る目が違っていたのです。そう「この2人はつまらない」と。