新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

1964回目(プラス280日後)の日ごろの話題

「呪われた五輪」の東京オリンピック(悪夢ふたたび)

2048年のオリンピック

ジンクス

あえて書くが、3月1日が日曜日か月曜日。3月1日が水曜日か木曜日は暗いニュースで1年を覆いつくすのがジンクスがあることを39歳で得た。
だから、2020年は、3月1日が日曜日。暗い話題で覆いつくした2020年になった。オリンピックでめでたいどころではない。私が言える限りでは、戦前は、1936年の「2・26」事件。ベルリンオリンピックで沸いたものの、戦時色で一色だった。1942年のミッドウェー海戦。これが3月1日が日曜日の年だ。

28年後はどうなのか?

ということは、2048年がオリンピック開催をもししたら「悪運」によどんだ1年になるだろう。
だから、ジンクスは当たる。
2020年は、オリンピックをやると言いながら、二転三転したオトナの責任は重く、内輪もめが多過ぎである。そこへコロナ問題がダブルパンチを食らったようなものだ。
私、統計学に凝ってるわけではないが、39歳になって、「3月1日が日曜日は暗い話題に覆いつくしているんだ」と思った。こういう悲観的に思うことは、社会が良くならないということだ。だから、世の中が悪くなるのは当然だ。

ということで、2020年のオリンピックはあきらめムードで「延期しても絶望」は火を見るより明らか。だから、3月1日が日曜日の2048年のオリンピックの成功を掛ける。
本当ならロンドン開催を改めてやってほしい。インフラ整備もいいので、日本はインフラ整備が整っていないので、まだまだだと思う。

TOKYO

東京や首都圏は、インフラ整備は遅れて、バリアフリー化も進んでいないように思う。そうした中でオリンピックをやるというから、未整備の中の開催ということでふさわしい式典とは思えない。おまけにコロナ不況で業績回復の見込みもできていない。
そういう中で、「オリンピックをやる」というのは「可能の不可能」である。完全に「不可能でできない」ということである。いよいよ「幻の東京オリンピック」になるかもしれない。だから、次回のパリ五輪に「夢を」考えてほしい。パリなら充実してるだろう。

ロンドン代替開催

hiromasa8124.hatenablog.com
このニュースも残念だ。せっかく手を差し伸べる都市が表れて、一縷の望みはあったが、ニッポンやIOCが突っぱねたようなものだ。その敵としてその無念を2032年以降で晴らしてほしい。
ということで2032年以降も「オレは生きる」ということだ。(

「TOKYO2020」は、スポーツ界の、また、オリンピックの黒歴史として永遠に刻印されることだろう。いや、烙印されることだろう。
この7,8年。ニッポンは、オリンピックによってことごとく失われて、ことごとく奪い取られた。これは、殺人事件に等しい状態だ。だからこそ、創価学会が哲学の復権。思想の復権を願ってやまない。創価学会も「東京オリンピックは失政だった」と声を大にして言おう。

東京オリンピックは失敗か!

失敗でしょう!
政治家が二枚舌吐くから中止も時間の問題です。
「組織委の武藤事務総長、2月に五輪開催可否決定の報道は「フェイクニュース」」もフェイクニュースのはすである。

これで政治不信を拡大させているのでニッポンのあしき姿を見てそう。
ほとんどフェイクですね。

ということはパリオリンピックも厳しいでしょう。
中止も確実的ではないか?
アフターコロナのオリンピックは2028年なの?

もともとパリオリンピック東京オリンピックの成功裏のためのオリンピックでそうしたもくろみあってのオリンピックである。
だが、2024年はコロナが完全収束したとはいえないので、中止を余儀なくされるであろう。
東京オリンピックの中止でパリオリンピックにも影響及ぼすかもしれない。

結局、東京オリンピックをやりたいために政治家のご都合主義なことを並べているので、海外から不信を募らせてる要因かもしれないです。
オリンピック関連はフェイクニュースが多いわけです。
2024年はコロナが完全収束したとはいえない。パリオリンピックも厳しい。中止もあるということなの?

Amebaブログで書いた私のブログを転載してみました。
もうパリ五輪も中止で赤信号ともったかもしれない。

悪政五輪のメダルは無用

2020年春になってようやく「東京オリンピックは悪政五輪だ」と思えてならなくなった。幾多の不祥事や問題で記録破りを続けるオリンピック問題。創価学会は、「東京五輪失政」を厳しく追及せす、公然とその悪をたたき出さない。
コロナで亡国となったニッポンは、これらの失政五輪にメダルは不要だ。創価学会は、その邪悪と戦え。

イギリス

イギリスでは、ワクチン接種のおかげで、3月末までに1万4百人が死なずに済んだという。その切り札のワクチン、日本は遅れに遅れている。

舛添要一twitterから。

イギリスは、ワクチンが進んでいるということでコロナが収まっていることになっている。しかし、ニッポンは遅れている。
そのtwitterで浮かんだことだが、東京五輪の代替をロンドンで行うというニュースがあった。せっかく手を差し伸べた都市があったのに、ニッポンはこれを否定した。突っぱねた国・ニッポンと代替開催が幻となった国・イギリスの差が歴然とはっきりした。突っぱねた国・ニッポンは、島国の狭さが大きく災いしたと言えよう。
こんな島国日本の傲慢根性にメダルは無用だ。