新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

創価学会よ、目を覚ませ!

オリンピックで偏狭になったニッポンと戦え!

東京五輪問題でニッポンが島国根性をむき出しにして、傲慢と偏狭的なニッポンになったと思う。
この7,8年の間でオリンピックに対する日本の強欲ぶりや高慢さが目立ち、どれだけのものが大きく災いしたか計り知れないものがある。そうした良薬がオリンピックの中止であり、オリンピック開催断念することはニッポンの突破口になる。
創価学会は、オリンピックで傲慢になったニッポンと敢然と闘おうとせず、よこしまな社会を黙って見過ごしていく。そうした姿に哀れさを感じる。

「なぜオリンピックばかりに執着するのか」
「なぜオリンピックにこだわるのか」

ニッポンの悪しき精神構造を厳しく追及して、厳しく襟を正すべきである。そうした腐敗したニッポンの警鐘を鳴らさないとニッポンはやはり孤島として取り残させる宿命にあう。だから、悪しき根っこをつむぎ取るべきだ。
オリンピックの中止を早く図ってほしい。創価学会は、その非を詫びて、社会の変革を求めよ。

オリンピックの中止

オリンピック問題は、一種の戦争であり、いくつものの失った悲劇であった。この悲劇を終わらせることが日本の新しい復興であり、社会復興につながる好機である。
この7,8年でオリンピックで非常にうんさりしてしまい、気がめいることがいくつもあった。今だって、うんさりすることはある。
オリンピックによって国民を蝕ませて、社会を蝕んだ。それは悪鬼の棲み家とかしたので日本の病理に等しいようなものだ。
創価学会は、早く、その非を詫びて、社会を混乱させたことを謝罪してほしい。そしてオリンピックの中止をもって、「ニッポンの敗戦」として再スタートを切ることを望みたい。

山口代表の発言

公明党山口那津男代表は17日の党会合で、東京オリンピックパラリンピックについて「中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的で、国民の不安をあおりかねない主張だ。結果的に(大会中の)感染を防止し、安心な開催を具体的にどうするかが問われている」と強調した。開催の1年延期か中止を求める立憲民主党や、中止を訴えている共産党などが念頭にあるとみられる。

 一方で山口氏は、政府と大会組織委員会、東京都の3者に対し、「選手・大会関係者の動き、観客をどうするかの対応、ワクチン接種や検査、人流(人出や人の移動)の抑制などを、国民に情報提供して分かりやすく説明していく必要がある」と求めた。(毎日新聞)

公明党山口那津男代表は17日、党の会合で東京五輪パラリンピックの中止を求めている一部の野党を念頭に、「中止を叫んでいた政党もあるが、極めて非現実的な主張であり、国民の不安をあおりかねない主張だ」と批判した。

 山口氏は「感染を防止して安心の開催を具体的にどうするかが問われている」とも述べ、「国民に説得力のある情報提供を(政府などに)強く迫って参りたい」と語った。

 五輪開催を巡っては、立憲民主党枝野幸男代表が「1年延期か中止かという選択をIOC国際オリンピック委員会)との間で交渉すべきだ」と政府に求めたほか、共産党志位和夫委員長も「コロナ対策と両立しない。中止する決断を強く求める」と発言している。(朝日新聞)

公明党が混乱する東京五輪に協力したということは、戦争に協力するようなことで悪に加担したも同然だと思う。それをネットのニュースで知って、悲しさが先に出た。また、虚しさがいっぱいになった。
早く公明党が「東京五輪は失政だった」と非を認めてほしい。

今週のお題、新作が気になります

「「101年」その先を言えぬ創価かな」

また川柳を書いたが、創価学会は、2031年以降の創価学会を見据えないのでこれから先を考えない。その記事が見当たらないので残念で一杯です。だが、2031年以降も必ずある。2031年以降もあると信じています。
そういうのも「1999年地球滅亡」のノストラダムスの大予言で私も信じ込んだから「1999年より先はない」と思い込んだものです。だが、それがデマだと知って20年以上経った。今の創価学会の「2030年創立100周年大勝利」は、非常に聞き飽きた言葉で新聞にもそれを目にするとうんざりするわけです。
だから、私は、創価学会創立101年以降の2031年より先を考えています。そして、その先に向けて生き抜く所存であります。
さて、今日は新作の「今週のお題」発表。お題を楽しみにしてるエセすすきです。