新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

エセすすき、真剣に祈る?

エセすすき、真剣に祈る?

真剣な祈り

f:id:hiromasa8124:20200611210957j:plainf:id:hiromasa8124:20200611211016j:plain
f:id:hiromasa8124:20210615213400j:plainf:id:hiromasa8124:20210615213419j:plain
その「祈りとして叶うことはない」の信心をアダルト業界に試していく私だが、「この人をアダルト業界の逸さいに」と願っているのは、東惣介北野翔太、松坂優利、保志健斗の4人で、その4人をアダルトビデオの世界でなくてはならない人と願っている。祈っているから、お外で公園で広場でいいから祈っている。祈っているので、「彼らを再起してください」と願い、祈っている。祈れば、大きく変わると思っている。
アダルトビデオの世界の男優は、「野干たちの吼えるような人ではない」「笑われる群孤」ではないことを祈っている。私の祈りでその4人は、這い上がってほしいと考えている。祈りを真剣にやっている。
松坂優利は、1度は消えたかもしれない。だが、私の祈りで再び這い上がってほしいと願っている。果たして、私が祈った人は成長できるのかこれが楽しみです。

アダルトビデオに出てる男優が「野干の吼えるようなもの」ではないと、祈っている。「ひとりのオトナ」として見ていきたいです。

橘昴

f:id:hiromasa8124:20210910193234j:plain
本当に橘昴をアダルトビデオの世界に進出して、実力を挙げてほしい。名ばかりではなく、本気で這い上がってほしい。じゃないと彼はまぐれに終わる。まぐれは禁物なので、まぐれにならないために日ごろの怠りをしたらいけない。怠ったらいけないと思うのだ。

彼の欠点は笑わないことだ。これがなければ生き残れるはずである。私も橘昴が男優として活動できるよう、真剣に祈ろう。

この2人はあり得ない。

f:id:hiromasa8124:20210806181737j:plain
写真の2人がエロメンになるということは到底ない。ないわけです。牧野江里は、無名のイケメンを使っていく。セラピストをエロメンに使えないことを分かっているわけです。だから、牧野江里の戦術に黙って見ていくしかないです。

だから、牧野江里の戦略を見ないといけないのだ。牧野江里も考えはあるはず。だが、難産の末のエロメンデビューいつの日か見たい。