新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

保志君、FANZA動画配信に喜ぶ

保志君、FANZA動画配信に喜ぶ

保志健斗のエロメンデビュー作がFANZA動画単品発売に嬉しかったようだ。保志君の目標だったようで、目標が叶ったことは達成感があることを実感した。
FANZA単品発売されるとDVD販売が事実上の不可能を意味するので、DVD販売できないと思ったので、自分の想ったことが違っていることを実感した。
保志健斗は、配信動画作品でエロメンとして15作。また、女性向け動画サイトで2本。セックスに挑んで、いまだDVD出演ゼロだから、DVDに出ることは一つの目標にしないといけないと思う。
私の考えは固いが、保志君の考えは柔軟ということであろう。

初めての作品を見たとき

保志君のデビュー作だが、真っ先に見た。エロメンの逸材が不足していた時期に保志君のような明るく、健康的なイケメンがエロメンになったことで非常にうれしく思った。最初だから、エッチは、パーフェクトではなかったが、そこそこよかった。
そこから、だんだん磨きがかかり、のびしろができてきたので、保志君らしさ、青っぽさがだんだん抜け出してきたように思う。保志健斗は、エロメンとして不器用だが、不器用なりにまじめに頑張っていると思う。
保志君が配信先行に出ると、すぐ買ったものです。モザイクシーンのセックスの配信は14作。すべて見ました。前に山本蓮加とホテル盗撮のセックスをした保志君。今度は、SILK LABOのエロメンとして山本蓮加との甘々なラブストーリーをやってほしいものです。

保志健斗ファンのエセすすき


最近、アメブロで保志健斗の話題を振っているが、

「私は保志健斗のファンです」

と、書きたいが、実は、エロメンファンであり、特定のファンはいないわけです。一人だけ好きになると、他の人も好めなくなるので、他のエロメンの作品も見てます。だから、小梅のドラマも見てるというわけです。

「ファンはこの人だけ」

視界が狭くなるかもしれません。