新・エセすすきの日ごろの話題

2012年4月29日にスタートの「エセすすきの日ごろの話題」の続編。2017年6月7日から毎日更新中

アベノショック

アベノショック

ニッポンのアベノショック。安倍晋三元総理の銃撃による急死で政治の大きな損失は、およそ3ヶ月経っても、尾を引くようでならない。
私も2年ほど前まで首相を務めた安倍さんの急死したという実感がわかない。わかないから、このショックは大きいと思う。やはりアベノショックによる精神的なショック。銃撃による映像の衝撃は、社会にも大きくもたらしている。

岸田首相

岸田首相も安倍晋三元首相の急死で後ろ盾を失った喪失は大きく、まだショックから立ち直っていない状況だ。こういう状況の時こそ公明党の哲学、良薬は大きいと思う。自民党を変えるのは、公明党しかないと思う。

アベノショック

また、さっきの話題に戻るが、安倍総理の銃撃による急死は、今のコロナ危機と同じく、さまざまな問題にも影響してると思う。これで振り回された人にも及んでいる。こうした時こそ、創価学会の宗教の役割は大きい。精神的ショックの与えた人間の活力は大きい。だからこそ、仏法を学ぶ好機であろう。
ニッポンが「アベノショック」から立ち直ることを願っている。